物理学

眩しさ防ぐサングラスの仕組み「偏光」を理系ライターがわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。突如眩しさに視界を奪われる場面は日常生活でもよくある。夜道を自転車で走っている時、前からハイビームの車が来たら「すごく眩しい」。池からの太陽の反射光が眩しいとか。眩しいと、本来なら見える物が見えなくなってしまい、場合によっては危険である。

そんな眩しい状態を解消出来るメガネ、サングラスがある。「ただ暗くすればいい」というものではない、一体どういう仕組みなのか?理系ライターのR175と見ていこう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

R175

ライター/R175

関西のとある国立大の理系出身。学生時代は物理が得意で理科の高校理科の教員免許も持っている。エンジニアの経験があり、教科書の内容に終わらず実際の現象と関連付けて説明するのが得意。

1.眩しさについて

image by iStockphoto

昼間の太陽は眩し過ぎて見ることが出来ない(というか見てはいけない)ですが、朝方の昇りかけの太陽or夕方沈みかけの太陽はあまり眩しくない。同じ太陽からの光なのにその差はなんでしょうか?

2.眩しく感じる原因とその対策は?

昼間の太陽が眩しい理由は、光の種類が多過ぎるからで、朝夕がさほど眩しくないのは光の種類が少ないからです。どういうことでしょうか?

朝夕および昼の太陽光の届き方

朝夕および昼の太陽光の届き方

image by Study-Z編集部

太陽光の届き方はイラストのように考えることが出来ます。太陽から届く光には色々な波長のものが混じっていて、その中でヒトの目で観測ができるのは400-800nm程度の波長の光(いわゆる可視光)。地球の周りには厚さ約100km程度の大気の層があり、太陽光はそこを通過してから地球に届くもの。この大気層を通過する時大気に含まれる水分などにより太陽光は進路を妨害され色々な方向に散乱。波長の小さい青系の光は特に散乱しやすく空の色は散乱した青系の光の色。波長の長い赤色の光は散乱しにくく、多少妨害されても地球に届きやすい


昼間は太陽光が入ってくる角度からして大気を通過する距離が短い。よって様々な波長の光が地球に届くので眩しい。一方朝と夕方は、波長の長い光(赤系の光)しか届かないため光の種類が少なく眩しくない。

眩しい原因は光の種類や量が多いことであり、それを防ぐためには光の種類を減らしてやればOK。

偏光による眩しさ防止

ここから本題、偏光について述べていきましょう。眩しいのを防ぐためには光の種類や量を減らせばいいのですが、偏光の原理を使っても通過してくる光を減らせるため眩しさ防止に役立ちます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
R175