国語言葉の意味

ああ!欲しいぃ!「喉から手が出る」の意味や使い方・類義語を院卒日本語教師が解説

よぉ、桜木建二だ。みんなは「喉から手が出る」ほど欲しいものってあるか?俺はあるぞ。まぁ、それが何かは絶対に言わないけどな。ところで、この「喉から手が出る」がどういう意味だか分かるか?

「喉から手が出る」は、簡潔に言えば「どうしても欲しい!」という意味の表現だ。

今回は、その「喉から手が出る」の意味や使い方・類義語などについて、大学院卒の日本語教師・むかいひろきに解説してもらうぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:57文字

「喉から手が出る」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「喉から手が出る」ほど欲しい!…このようなセリフを聞いたことがある人は少なくないのではないでしょうか。では一体どのくらいの程度で”欲しい”のでしょうか。まずは「喉から手が出る」の意味や使い方を確認していきます。

ID: ↑パーツ内本文:112文字

「喉から手が出る」の意味は「どうしても欲しい!」

最初に「喉から手が出る」の辞書での意味を確認していきましょう。「喉から手が出る」は国語辞典では次のように掲載されています。

ID: ↑パーツ内本文:61文字

どうしても欲しいと思う気持ちのたとえ。

出典:明鏡国語辞典 第二版(大修館書店)「◆喉から手が出る」

ID: ↑パーツ内本文:51文字

「喉から手が出る」は「どうしても欲しい!」という気持ちをたとえた表現です。ある物について、「両手だけでは足りず、喉の奥からももう1本手を出したくなるほど欲しい!」という気持ちを表します。「欲しい」という気持ちを最大限に強調した日本の慣用表現と言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:129文字

「喉から手が出る」の使い方を例文とともに解説!

続いて、「喉から手が出る」の使い方を例文とともに見ていきましょう。「喉から手が出る」は、「喉から手が出るほど」という形で使われることがほとんどです。また、「喉から手を出す」という言い方は誤用なので気をつけましょう。

ID: ↑パーツ内本文:107文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: