国語言葉の意味

【四字熟語】「一点一画」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一点一画」について解説する。

端的に言えば一点一画の意味は「微小ではあるが欠かせないもののたとえ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「一点一画」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「一点一画」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一点一画」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「いってんいっかく」です。独特の漢字が並びますが、意味だけでなく語源や使い方まで知っておくと理解が深まりますよ。

「一点一画」の意味は?

「一点一画」には、次のような意味があります。「一点一画」は抽象的な表現というより、具体的なイメージが湧きやすい四字熟語になっていますよ。もとの意味合いと転じたほうの意味合いとの両方をチェックしていきましょう。

1.漢字における一つの点、一つの線。微小ではあるが基本的に欠かせないもののたとえ。

出典:四字熟語辞典(学研)「一点一画」

「一点」は漢字の一つの点のこと、「一画」は漢字の一つの画のことを表しています。この点や画の一つ一つを軽く扱わずに大切にするという意味合いです。

そこから転じて、細かいところまで気を配って丁寧に字を書くことや小さいことや僅かなことであっても欠かせないものであるというたとえにつながっています。意味としては、細部まで大切にするのはよいことということで、プラスのイメージの表現になっていますよ。

「一点一画」の語源は?

次に「一点一画」の語源を確認しておきましょう。

「一点一画」は『顔氏家訓(がんしかくん)』の書証篇に由来します。『顔氏家訓』とは中国の南北朝時代の学者である顔之推(がんしすい)が残した家訓とされており、全7巻20篇で構成されているものです。

そこには、「もしその説を信ぜざれば、則ち冥冥にして一点一画を知らず。」とあります。字の成り立ちや字義を疑うのであれば、無知ということであり漢字の一点一画の大切さがわかっていないということであるととらえることができますね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810