世界史

イタリアの独裁者「ムッソリーニ」とは?ファシスト活動やナチスとの違いを元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。「ムッソリーニ」とは第二次世界大戦の時期に登場した独裁者。ファシストという言葉を世界に広めた歴史上の人物でもある。第一次世界大戦の敗戦後、賠償金の清算により経済的貧困に苦しむイタリアで、当時のイタリア人に新たな指導者として支持された。王制を廃止するだけではなく右派と左派をひとつにまとめるなど、巧みに権力を増していった。

それじゃ、「ムッソリーニ」の政治思想や人間性、ヒトラー率いるドイツのナチス政権と枢軸国を形成する経緯など、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。世界史をたどるとき「ムッソリーニ」を避けて通ることはできない。「ムッソリーニ」は、大戦中に国民に敬礼させるスタイルなどヒトラーとの共通点も多い。ただ、彼は人種差別思想を持っていないなど、方向性の違いもあった。そこで彼が権力を増していく過程や思想上の意味など、関連することをまとめてみた。

べニート・ムッソリーニとは

image by PIXTA / 25163180

ムッソリーニは、第二次世界大戦の時期に独裁的な政治を展開した政治家。第一次世界大戦より前はイタリア社会党の党員として活動していましたが、意見の対立などから反社会主義の立場に転向しました。独裁政権を確立したあとは、ヒトラーと行動を共にするなど、ファシズムを推進していきます。

イタリアで国家ファシスト党を結成

ムッソリーニがファシズムを追求するようになったのは1920年代。第一次世界大戦の敗戦による多額の賠償金の支払いにより、イタリアが経済的苦境に陥っていた時期でした。

北イタリア各地で第一次世界大戦の復員兵などを集めて突撃隊を組織。社会主義者に対する攻撃を開始します。ムッソリーニは襲撃隊のリーダーとなり、それを基盤に国家ファシスト党をつくりました。

昔からある言葉ファシズムを政治利用

ファシズムはムッソリーニがつくったのではなく昔からあった言葉。その語源はイタリア語のファッショ。束、集団、結束を意味する言葉です。暴力的な意味合いはありませんでした。

ファッショの語源をさらにさかのぼるとラテン語のファスケスに到達。ファスケスとは斧のまわりに短い杖を束ねたもので、古代ローマの権威のシンボルでした。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ムッソリーニはイタリアに古くから伝わるファシズムという言葉を独裁政治の正当化に利用した。第二次世界大戦より前は、ファシズムという言葉は独裁的・暴力的な意味合いで使われていなかったそうだ。

幼少期は問題児だったムッソリーニ

vernacular stone building, birthplace of Benito Mussolini, now a museum
By SrecanOwn work, CC BY-SA 3.0, Link

1883年にムッソリーニは鍛冶屋の息子として生まれました。父親が社会主義者であったことから、小さいころのムッソリーニも同様の思想を持っていました。

修道会の寄宿学校でミサを妨害

ムッソリーニの母親は熱心なカトリック教徒。そのためムッソリーニは二年間の義務教育が終わったあと、サレジオ修道会の寄宿学校に入ります。

気が短く暴力的な性格だったムッソリーニは修道会の教師とたびたび対立。寄宿学校を逃げ出したりミサを妨害したりしていました。

師範学校から教師の道へ

ムッソリーニは問題行動が多かったものの成績は非常に優秀でした。そこで寄宿学校を卒業したあと師範学校に入学。教師の道を志します。

このころからムッソリーニはイタリア社会党の急進派として政治活動も開始。政治活動の影響もあり、スムーズにはいきませんでしたが、フランス語の教師として採用されます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke