英訳英語

【英語】「もっとも」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木と解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「もっとも」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「That makes sense.」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「もっとも」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Moe

ライター/Moe

LA留学の経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。現在、ニュージーランドへのワーホリを計画している。趣味は海外旅行と乗馬。

「もっとも」の意味と使い方は?

それでは、「もっとも」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「もっとも」の意味

「もっとも」は、次のような意味です。「もっとも」は敬語表現の「ご」を付けて、「ごもっとも」とすることもあります。

実際の会話では「ごもっともです(ございます)。」と使いますよ。また、同じような表現として、「おっしゃる通りです(ございます)。」が挙げられます。

1.道理にかなっていること。なるほどその通りだと思われること。また、そのさま。当然。
2.前の事柄を肯定しつつ、例外あるいは一部相反する内容を補足するときに用いる。とはいうものの。なるほどそうだが。ただし。
3.いかにもなるほどと思われるさま。本当に。まったく。当然。
4.(あとに打消しの語を伴って)少しも。全然。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「もっとも」の使い方・例文

次に「もっとも」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.A:留学したいのであれば、まずは英語を勉強した方が良いんじゃない?
B:それは、もっともだね。

2.それはごもっともでございます。

3.A:最初は基礎から始めた方が、上達が早いですよ。
B:もっともです。

次のページを読む
1 2 3
Share:
Moe