理科生物細胞・生殖・遺伝

「無性生殖」とはなんなのか?現役講師がさくっとわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。この記事では無性生殖をテーマに見ていこう。

生物の生殖方法は、中学校の理科でも学習する内容だ。動物や植物で様々な無性生殖の方法があるが、しっかりと覚えているだろうか?無性生殖の例やメリット・デメリットなどをサクッとおさらいしてみよう。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

無性生殖とは

無性生殖(むせいせいしょく)とは、「配偶子(はいぐうし)が接合せずに新しい個体を生み出す生殖方法」のことです。もっと簡単に、「有性生殖以外の生殖方法」と説明されることもあります。

無性生殖について詳しく知る前に、まずは有性生殖についても理解しておきましょう。

有性生殖

有性生殖(ゆうせいせいしょく)は基本的に、「配偶子が接合することで新しい個体を生み出す生殖方法」と説明されます。

一番わかりやすいのは、私たちヒトもふくめた、雄雌のある生物の生殖でしょう。メスのつくる卵(卵細胞)とオスのつくる精子が融合して、子どもに成長する受精卵になります。

image by iStockphoto

配偶子とは生殖のための細胞、とくに、他の配偶子と接合して新しい個体になる細胞です。接合する2つの配偶子が、卵と精子のように異なる姿をしている場合、それを異形配偶子とよびます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

卵と精子が接合する現象のことを、とくに受精とよんでいるんだ。

なお、生物によっては、接合する2つの配偶子が同じ大きさ・形のことがあります。そのような配偶子は同形配偶子というんです。

これらのような配偶子を使うことなく子どもを作りだす無性生殖には、具体的にどんなものがあるのでしょうか?

\次のページで「無性生殖の例」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: