国語言葉の意味

【四字熟語】「胆大心小」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

「熟慮断行」

「熟慮」は、よく考えて念入りに検討すること。「断行」は、無理や困難を押し切って実行するという意味になります。2つの言葉からも分かるように「熟慮断行」は、十分に考えたうえで、思いきって実行すること。こちらも、ビジネスには欠かせない心構えといえますね。

やはり、利益をあげるためには、ニーズに合わせて変化し続けなければいけません。立場によっては判断を迫られ、決断しなければいけない時もあるでしょう。上司であるならば、判断によっては部下を巻き込む可能性もあります。しかし、決断をしなくて済む選択肢はないはず。だからこそ、「熟慮断行」して新しいプロジェクトに取り組む必要があるのです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「胆大心小」「迅速果断」「熟慮断行」の3つで共通することは、どれも思い切りがいいところだろう。自信を持って行動し、なおかつ心配りしながら状況に合わせて必要な判断をしていく。チームで仕事を進めていくうえで、欠かせない要素といえるな。

「胆大心小」の対義語は?

では、次に「胆大心小」の対義語をみていきましょう。

「小心翼翼」

「小心翼翼」は「しょうしんよくよく」と読みます。「胆大心小」が大胆かつ細心であるのに対して、「小心翼翼」は気が小さく、びくびくしていること。細かいことばかり気にして、自信がない様子が想像できますね。ただし、「小心翼翼」にはもう1つ意味があります。それは、細かいところまで気を配り、謙遜する様子のこと。前者と意味が全く違うと思った方もいるのではないでしょうか。

「小心」は、臆病であること以外に、細かいことまで気が配れるという意味があります。「翼翼」は慎重であること、もしくは用心深いという意味。「小心翼翼」であることは、様子からして頼りなく、悪いことのように感じるかもしれません。しかし、裏を返せば、「小心翼翼」な人は心優しい人。相手を気遣ってしまうあまり強気に出られないだけではないでしょうか。びくびくしてしまう癖を改善するためには自信が必要です。小心翼翼な人がいたら、優しく声をかけることから始めてみてください。

「唯唯諾諾」

「唯唯諾諾(いいだくだく)」の意味は、物事の良し悪しに関係なく人に従うこと。他人の言いなりになっている様子を差します。「唯唯」と「諾諾」は、どちらも人の言葉に逆らわないという意味。同じ意味の言葉を2つ並べることによって、逆らわない様子を強調しているといえますね。

考えることが面倒になって、上司の指示に対して適当に返事をした経験はありませんか。反論せず、言われたことだけを忠実にこなしていれば、職場も平和で良いかもしれません。しかし、もし上司が部下の発言に理解を示してくれるタイプならば、ぜひ疑問をぶつけてみてください。きっと熱心に応えてくれるはずですよ。

「胆大心小」の英訳は?

image by iStockphoto

では、「胆大心小」を英語訳すると、どのような表現があるのでしょうか。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: