国語言葉の意味

【四字熟語】「胆大心小」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「胆大心小」について解説する。

端的に言えば「胆大心小」の意味は「大胆かつ細心であること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んだ。一緒に「胆大心小」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で四字熟語を解説していく。

「胆大心小」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「胆大心小」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「胆大心小」の意味は?

「胆大心小」には、次のような意味があります。

大胆で、かつ細心であること。度胸は大きく、注意は細かく払うべきこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「胆大心小」

「胆大心小(たんだいしんしょう)」な人は、出世間違いなしではないでしょうか。「胆大」は、大胆であること。どのような事があっても恐れず、尻ごみしない姿勢のことを「大胆」といいますよね。「心小」は、細心のこと。細心とは、気が小さいという意味もありますが、「胆大心小」では、細かいところまで気配りができるという意味になります。

勇敢にチャレンジするだけでなく、注意しながら物事を進めるわけですから、実践できる人は周囲から尊敬されるのではないでしょうか。誰しも、大胆に行動するのは勇気がいりますよね。失敗したくないですし、周りの目も気になることでしょう。しかし、恐れることなく、かつ気配りができるならば頼もしい限りです。リーダーを目指すならば「胆大心小」は欠かせない心構えといえるでしょう。

「胆大心小」の語源は?

次に「胆大心小」の語源を確認しておきましょう。「胆大心小」は、唐の歴史を記した中国の古典「旧唐書」の「遜思邈伝(そんしばくでん)」から誕生しました。「遜思邈」とは、唐初に活躍した医者で、後世に語り継がれる医書を残した人物としても有名です。遜思邈は仏教や道教にも熱心で、「遜思邈伝」において「胆は大ならんことを欲し心は小ならんことを欲す」という言葉を残しました。要するに「人は度胸が大きく、注意は細やかであるべきだ」と言ったわけですね。この言葉が「胆大心小」の由来だといわれています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: