国語言葉の意味

【四字熟語】「有耶無耶」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「有耶無耶」について解説する。

端的に言えば「有耶無耶」の意味は「いい加減、曖昧なこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教師や講師としても教えることに関わってきた「やぎしち」を呼んだ。一緒に「有耶無耶」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/やぎしち

雑学からビジネス文章まで手掛ける現役ライター。
国語の中学・高校教諭の資格も持ち、予備校講師の経験も。言葉を大切にした文章を心掛けている。

「有耶無耶」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「有耶無耶(うやむや)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「有耶無耶」の意味は?

「有耶無耶」には、次のような意味があります。

[名・形動]
1《有るか無いかの意から》物事がどうなのかはっきりしないこと。また、そのさま。あいまいなさま。「責任を有耶無耶にする」「そんな有耶無耶な結論では困る」
2 思いわずらって胸がすっきりしないこと。またそのさま。
「憎くむが本義か、捨つるが道か、と許(ばかり)迷って判断の胸―に成る時」〈一葉・うもれ木〉

出典:デジタル大辞泉(小学館)「有耶無耶」

この言葉を意味から読めば、「ありやなしや」。つまり「あるともないともいえる」という意味になります。

ここから「はっきりしない、あいまいである」や「もやもやする」という使われ方をするようになりました。

ただし「有耶」「無耶」とそれぞれ熟語があるのではなく、あくまで漢文的に表記したもの。言葉としては、「有耶無耶」で一つのかたまりです。

このことから、「有耶無耶」は漢文から一般的に使われるようになった言葉のように思えますが、実はそれもはっきりしていません。詳しくは、次の語源の項で解説します。

「有耶無耶」の語源は?

いくつか説がありますが、「有耶無耶」の語源ははっきりはわかっていないというのが結論です。簡単にご紹介します。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: