理科生物生物の分類・進化

簡単でわかりやすい!陽生植物と陰生植物の違いとは?具体例も現役講師が詳しく解説

この記事では、”陽生植物”と”陰生植物”というキーワードを確認していこう。この用語は、高校の生物基礎、特に生態学や植生について学ぶところで現れる。言葉の意味を確認するとともに、具体的な植物の名前なども抑えておきたいところです。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

陽生植物、陰生植物とは

image by iStockphoto

陽生植物(ようせいしょくぶつ)とは、日光がよく当たるところを好む植物のことを言います。ある程度の日差しがないとうまく成長することができず、言い換えれば日陰では育ちにくい植物です。陽生植物の中でも木本性=樹木になるようなものを、特に陽樹(ようじゅ)ということがありますね。

一方、陰生植物(いんせいしょくぶつ)とは日光があまり当たらないところでも生育することのできる植物を指します。弱い光でも光合成が可能で、陽生植物が生きられないような環境でも育つことができる、耐陰性の強い植物です。陰生植物の中でも木本性の種は陰樹(いんじゅ)とよばれることがあります。

陽生植物の例

それでは、教科書などでよく取り上げられる陽生植物・陽樹をいくつかご紹介しましょう。

1.タンポポ

春の野を彩るタンポポ。民家の庭や路肩にもよく生えていますが、日陰の時間が長いようなところではあまりその姿を見ませんよね。日当たりのよい場所を好む陽生植物の性質がよくわかります。

2.ナズナ

教科書ではナズナなんかも陽生植物として挙げられることが多いです。”ナズナ”と聞いててピンとこない人でも、別名の”ぺんぺん草”と言われれば、その姿を思い出せるでしょう。やはり、ひらけた野原や河川敷など、日を遮るようなものの少ないところでよく見かける草本植物です。

\次のページで「3.ススキ」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: