世界史

日本と世界をつないだ「イエズス会」とは?その活動を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。世界史の教科書に必ず登場するイエズス会。男子のみの修道会で、宣教師たちは設立当初から世界各国に拡散して国際的に教育活動を展開した。その一環で訪日したひとりがフランシスコ・ザビエル。彼らは、キリスト教の布教や著述のみならずスペイン・ポルトガル貿易の橋わたしの役割も担った。

イエズス会がもたらしたものは現在の日本に数多く残っている。それじゃ、イエズス会の挑戦の日々を日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。日本史をたどるとき「イエズス会」を避けて通ることはできない。「イエズス会」は、ヨーロッパの宗教改革の対抗的勢力で、戦国時代の人々が西洋に対する興味を深めるきっかけを作った会派だ。そんな「イエズス会」の多岐にわたる活動についてまとめてみた。

イエズス会はカトリック系の男子修道会

image by PIXTA / 62238115

イエズス会とはキリスト教のカトリック系修道会。会員は男子のみで女性は入会できません。16世紀の宗教改革の時期に、カトリック教会の改革の機運が高まるなか設立されました。

1534年に創設されたイエズス会

イエズス会を設立した主要メンバーは、イグナチオ・デ・ロヨラやフランシスコ・ザビエルら7名。パリの郊外にあるモンマルトルの丘にある教会堂のミサで誓いを立てたことが出発点です。

そのとき7名が立てた誓いとは「清貧と貞節、エルサレムへの巡礼」というものでした。エルサレムの巡礼とは、その地に巡礼をして奉仕活動をするという意味です。

日本で宣教活動をしたことでも知られる

イエズス会は海外における布教活動を積極的に行うアクティブな教団でした。新大陸が次々と「発見」される大航海時代にさしかかっていたこともあり、彼らはスペイン・ポルトガル船に乗って世界各国に向かいます。

彼らの渡航先のひとつとなったのが日本。現在の鹿児島県にやってきたフランシスコ・ザビエルらは、九州を手始めにキリスト教の布教活動を展開します。それによりキリスト教に改宗するキリシタン大名が増えていきました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

イエスを漢字にすると「耶蘇」。そのため、中国や日本でイエズス会は耶蘇会(やそかい)と呼ばれていたそうだ。当時の日本人は、どのような想いでキリスト教に改宗したのだろうか。タイムスリップできるなら聞いてみたいことだ。

初期イエズス会の主要メンバー

image by PIXTA / 48533521

イエズス会の出発点となるメンバーは、イグナチオ・デ・ロヨラと彼の学友たち。学友のなかでも、特に宣教師としての能力を発揮したのがフランシスコ・ザビエルでした。そこで、このふたりの宣教師についてご紹介します。

霊的指導者と崇められたイグナチオ・デ・ロヨラ

イグナチオ・デ・ロヨラはイエズス会のなかで精神的な指導者としての役割を担いました。ロヨラのルーツは、スペインとフランスの国境付近の山岳地方に住むバスク人。カスティーリャ王国の軍隊に所属して各地を回りました。

戦いで負傷したロヨラは療養生活に入ります。そこで出会ったのが、イエス・キリストの伝記や弟子たちの布教活動。人々が改宗するプロセスを読み、自分も布教活動をしたいと思うようになります。そこでカトリックの修道院の門を叩くに至りました。

イグナチオ・デ・ロヨラはイエズス会の組織を作った人物。彼はイエズス会をピラミッド型の組織として作り上げました。イエズス会の会員にとって、ローマ教皇や上層部の会員は絶対的な存在。さらに自己犠牲も重視しました。絶対服従するヒエラルキーのモデルとなったのが軍隊です。彼が唱えた「霊躁」は魂を鍛えるトレーニング。宗教者というと心穏やかなタイプを思い浮かべます。しかし彼の場合は体育会系のキャラだったよう。

フランシスコ・ザビエルはグローバルビジネスマン

フランシスコ・ザビエルもロヨラと同じくバスク人。パリ大学の留学経験があるなど頭脳明晰で、ビジネスマンとしての営業能力も高く評価されていました。そこでザビエルは貿易の重要拠点に先陣を切るかたちで送り込まれます。

ザビエルが活動したのは、日本、インド、アフリカ、マレーシア、インドネシアなど。日本における布教活動を終えたあと、中国に渡る準備を始めますが、志半ばで病気が悪化します。ザビエルは中国の上川島で亡くなりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke