国語言葉の意味

【四字熟語】「和光同塵」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「和光同塵」について解説する。

端的に言えば和光同塵の意味は「自分の才能や得を隠して、目立たないように暮らすこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「和光同塵」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「和光同塵」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「和光同塵」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「わこうどうじん」です。意味だけでなく語源や使い方まで知っておくと、頭に入りやすくなりますよ。

「和光同塵」の意味は?

「和光同塵」には、次のような意味があります。もとの意味と現在の一般的な意味合いとの両方をチェックしておきましょう。

1.自分の学徳・才能を包み隠して、俗世間に交わること。
2.仏語。仏や菩薩(ぼさつ)が本来の威光を和らげて、ちりに汚れたこの世に仮の身を表し、衆生を救うこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「和光同塵」

「和光」は才知の光を和らげること、「塵(ちり)」を俗世間ととらえ「同塵」で俗世間に交わることを表しています。そこから、自らの才知を隠すことで俗世間で目立たないようにしているということにつながっていますよ。また、そうすることで、世の中の災いなどに巻き込まれることなく、安心して暮らしていけるというニュアンスがあります。

また、仏語においては、人ではなく仏や菩薩が威光を和らげることで俗世にまぎれるということです。俗世で目立たないほうが都合がよい場合もあるのですね。

「和光同塵」の語源は?

次に「和光同塵」の語源を確認しておきましょう。

「和光同塵」は、中国の春秋時代の思想家である老子によって書かれた『老子(ろうし)』の第四章と第五十六章に由来しています。そこには「其の光を和らげ、其の塵を同じくす」とあり、自らの光り輝く才知を隠して世の塵にまぎれるという意味です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810