日本史

日本の歴史で二番目に長い「江戸時代」を歴史オタクがわかりやすく5分で解説

よぉ、桜木健二だ。「江戸時代」は平安時代に次ぐ日本で二番目に長い年代区分になる。江戸幕府の初代将軍・徳川家康くらいはは知っているだろう?大河ドラマで戦国時代をやると必ず出てくる日本の最重要人物だ。

今回は徳川家康から始まった「江戸時代」の一通りの流れと特に重要な出来事について歴史オタクのライターリリー・リリコと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

riri_ririco

ライター/リリー・リリコ

興味本意でとことん調べつくすおばちゃん。座右の銘は「何歳になっても知識欲は現役」。大学の卒業論文は源義経をテーマに執筆。大河ドラマや時代ものが好き。今回はその舞台としてよく登場する江戸時代についてまとめてみました。

1.江戸時代のインデックス

image by PIXTA / 55397014

江戸時代は265年と長く続いた時代で、その間にたくさんの事件が起こりましたね。覚えきれないという人も多いと思います。

今回は特に重要な出来事を時代順に追っていくわけですが、まずは目だけでもスッキリわかるように江戸時代のインデックスを先に記しておきましょう。

1.関ヶ原の戦い……この大戦で勝利した徳川家が天下を治めることになります。
2.初代将軍徳川家康……江戸幕府の基盤を築いた初代将軍。
3.三代将軍徳川家光……参勤交代、鎖国の開始など、江戸幕府の政策の基礎を築きます。
4.五代将軍徳川綱吉……悪政として名高い「生類憐みの令」を発し、犬公方と呼ばれました。
5.正徳の治……六代将軍徳川家宣から七代将軍徳川家継の治世の年号「正徳」を中心に進められた政治改革のこと。実権を実権を握っていたのは「新井白石」と「真鍋詮房」。
6.八代将軍徳川吉宗……「享保の改革」を成功させ、経済を発展させた将軍で、米将軍と称されます。
7.田沼意次……九代目将軍徳川家重、十代目将軍徳川家治に重用された老中。幕府の財政が行き詰まったため、重商主義政策を実施。しかし、政敵松平定信に賄賂を非難され、またそこへ「天明の大飢饉」が重なって失脚してしまいます。
8.水野忠邦……十一代将軍徳川家斉、第十二代将軍徳川家慶に仕えた老中。「天保の改革」を実施するも失敗し、失脚します。
9.黒船来航……アメリカのペリー率いる四隻の黒船が来航して幕府に開国を要求。いよいよ江戸時代の終わりがやってきたのです。
10.井伊直弼……日米修好通商条約に調印、日本を開国を行った大老。「安政の大獄」で国内の反対派を粛正したため、「桜田門外の変」で暗殺されてしまいます。
11.大政奉還……徳川家最後の将軍、十五代徳川慶喜が政権を朝廷に返し、ここで江戸時代と江戸幕府の終わりとなりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

一目でわかりやすいようインデックスを作ってみたが、これだけでもけっこうな量になったなぁ。次の章からは説明しきれなかったところを詳しく解説していくぞ。

2.江戸時代の始まりと幕府のシステム

天下を分けた「関ケ原の戦い」

Sekigaharascreen.jpg
User LordAmeth on en.wikipedia Collection of The Town of Sekigahara Archive of History and Cultural Anthropology – http://www.sengoku-expo.net/flash/sekigahara/byoubu/byoubu_c.html http://inpaku02.iamas.ac.jp/sekigahara/byoubu/images/l/263.jpg, パブリック・ドメイン, リンクによる

関白「豊臣秀吉」の死後に勃発したのが1600年の「関ケ原の戦い」です。関ケ原は現在の岐阜県不破郡関ケ原町で、ここで豊臣家方の石田三成率いる西軍と、徳川家康率いる東軍が激突します。

石田三成はたいへん頭のいい武将でしたから、関ケ原に上手に陣を敷き、その時点では西軍側が有利に思えました。ところが、豊臣家の家臣だった加藤清正や福島正則他、次々と武将が東軍に回ってしまいます。さらに薩摩の島津義弘が提案した夜襲を石田三成が蹴ったために怒って西軍を離反。そして、西軍のトドメとなったのが、小早川秀明の裏切りでした。

石田三成の布陣こそ優秀でしたが、結果、「関ケ原の戦い」は小早川秀秋の裏切りによって大打撃を受けた西軍の負けが、たった一日で決まってしまったのです。

かくして、勝利した徳川家康は1603年に征夷大将軍に就任し、自領だった江戸に幕府を開きました。これが江戸時代と江戸幕府の始まりです。

ちなみに、関ケ原の戦いで豊臣家は滅亡しません。豊臣秀吉の息子・豊臣秀頼や、西軍大将の毛利輝元は大坂城にいて関ケ原に参加しなかったのです。

豊臣家の真の滅亡はそこから14年後の「大坂の陣」。1614年の「大阪冬の陣」と1615年の「大坂夏の陣」で大坂城を攻められ、最後に豊臣秀頼の自害したことによって滅亡しました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

一躍有名になった真田信繁(幸村)の出城「真田丸」が活躍したのが「大阪冬の陣」だ。その後は破壊されてしまって「大坂夏の陣」には出てこないぞ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
riri_ririco