国語言葉の意味

【四字熟語】「天壌無窮」の意味や使い方は?例文や類語を教材系ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「天壌無窮」について解説する。

端的に言えば「天壌無窮」の意味は「終わりなく続くこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

教材系のライターを10年経験した梨子なしこ太朗吉を呼んだ。一緒に「天壌無窮」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/梨子なしこ太朗吉

本や雑誌を作り続ける文章職人。参考書から音楽誌まで、娯楽と言葉と実用をむすびつけることを自らも楽しみつつ、分かりやすく伝える。

「天壌無窮」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「天壌無窮」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「天壌無窮」の意味は?

「天壌無窮」(テンジョウムキュウ)には、次のような意味があります。

天地とともに永遠に極まりなく続くさま。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

なんとも雄大で、気持ちも大きく豊かになる言葉ですね。

この世は始まりも終わりもない、昔からあってそれが永遠に続いていく、われわれ人間も一人ひとりは短い一生であっても、取り巻く世界というものはずっと続いていくということ。

小さなことにこだわるのが、ばからしくなるありがたい言葉です。

古書『日本書紀』にこの言葉が出てきます。

「天壌無窮」の語源は?

次に「天壌無窮」の語源を確認しておきましょう。

「天」は、空の上の方です。たとえば「天体」は、空や空の上にある星などの物体を表していますね。

「壌」は、「土壌」という言葉もあるように、土や土地を表します。

「天壌」で、天と地、この世界全部という意味です。

「窮」は、「窮屈」の「窮」でもあり、奥深く、きわまった所という意味になります。

「無窮」で、奥深くまで行っても限度がないことを示し、永遠に続くという意味です。

「無窮動」という、「永遠に動く」との意味をもつ言葉もありますね。

そこで「天壌無窮」全体で、「世界は終わりなく続く」「世界の流れとともに終わりなく続くこと」という意味になります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: