流体力学物理理科

流れの様子を数字で表せる「レイノルズ数」を元ポンプ設計者がわかりやすく解説

数値によってざっくり判断

層流一様な流れで、乱流は渦が発生し乱れた状態の流れ。渦が発生しやすい要因は速度が速い、粘度が低い、管が太いなど。ざっくり言うと、しゃばしゃばな流体を太い管に速く流すほど乱流になり、ドロドロの流体を細い管にゆっくり流すほど層流になる傾向。

これら流速、粘度、菅の太さを考慮された「レイノルズ数」が乱流、層流の判定に使われます。レイノルズ数が2000程度までなら層流、2000~4000程度の範囲なら層流と乱流どちらの特性も持つ遷移領域、4000以上程度なら乱流と推定されることが多いですが、正確な決まりはありません。

1 2 3 4
Share: