国語言葉の意味

【四字熟語】「志操堅固」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

「剛毅木訥」

もう一つの類義語には、「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」があります。意志が強くて飾り気がなく無口であることという意味です。「剛毅」は意志が強く何事にも簡単には屈しないこと、「木訥」は飾り気がなくて無口なようすを表しています。

その由来は『論語(ろんご)』にあり、記述にある「剛毅木訥は仁に近し」は剛毅木訥である人は優れた仁者に近いという意味になっていますよ。

「志操堅固」の対義語は?

次に、「志操堅固」の対義語についての説明です。「志操堅固」は意思が強いということが意味の中心いなっているので、意志が弱いという意味の四字熟語を一緒に見ていきましょう。

「意志薄弱」

「志操堅固」の対義語には、「意志薄弱(いしはくじゃく)」があります。意味は、意思が弱く決断や我慢が足りないようすや人の言動に左右されやすいことです。「意志」は決意して実行する能力のこと、「薄弱」は弱々しいようすを表しています。

「志操堅固」は思想や主義、考え方などについて意志が強いということでしたが、「意志薄弱」はひとつの出来事に対しての継続の意志などを表すことが多くなっていますよ。

「五里霧中」

もう一つの対義語には、「五里霧中(ごりむちゅう)」があります。物事のようすや手がかりがつかめないで方針や見込みが立たずに困ることという意味です。「五里霧」は五里四方にもおよぶ深い霧のことで、その中にいるということを表しています。

『後漢書』の張楷伝には、張楷が道術で五里に渡る霧を起こしたとあり、方向を見失うという意味につながっていますよ。

「志操堅固」の英訳は?

image by iStockphoto

最後に、「志操堅固」の英訳についての説明です。「志操堅固」の意味合いを表す英語の表現について、詳しく見ていきましょう。

「being faithful to one’s principles」

「志操堅固」の英訳には、「being faithful to one’s principles」があります。直訳すると「自分の主義に忠実であること」です。「faithful」は忠実な、誠実な、貞節ななどの意味があり、「principle」は原理、原則、主義などの意味があります。

ほかに、「being firm of purpose」として、決意に堅固であることという表現もありますよ。「purpose」は、目的という意味でよく使われますが、決心や決意という意味でも使える単語です。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810