国語言葉の意味

【四字熟語】「志操堅固」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「志操堅固」について解説する。

端的に言えば志操堅固の意味は「志や主義を堅く守って、何があっても変えないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「志操堅固」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「志操堅固」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「志操堅固」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「しそうけんご」です。意味だけで十分だとは思わずに、語源や使い方まで見ていくことで理解が深まりますよ。

「志操堅固」の意味は?

「志操堅固」には、次のような意味があります。まずは、基本的な意味をじっくりと確認しておきましょう。

1.自分の思想や主義主張などを一貫してかたく守り、その考えを変えようとしないこと。何があっても自分の信条を曲げないこと。

出典:四字熟語辞典(学研)「志操堅固」

意味の「思想や主義を守り変えないこと」について、立派であるとか、たいしたものだということで基本的にはプラスの意味合いで使われています

さまざま学び経験する中で醸成された自らの思想や主義は簡単に変わるものであるはずがないのですが、世の中の変化やそのときの都合によって変わりがちなものです。それが変わらずにいるということは、もともとの思想や主義が変えないに値するほどの考えのもとに生まれたものであるということもありますし、少々の環境の変化などにも影響されずに貫けるということもあります。

「志操堅固」の語源は?

次に「志操堅固」の語源を確認しておきましょう。

「志操」は志や主義などかたく守って変えないこと、「堅固」はしっかりしており簡単には破られたり崩れたりしないことを表しています。

とくに、「操(みさお)」は「あやつる」という意味もありますが、ここで使っている意味は「固く守って変えない志」のほうです。「正しいと信じることをかたく守って変えないこと」という意味の「節操(せっそう)」でも使われていますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810