国語言葉の意味

【四字熟語】「旭日昇天」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「旭日昇天」について解説する。

端的に言えば旭日昇天の意味は「勢いがとても盛んであること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「旭日昇天」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「旭日昇天」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 57493089

それでは早速「旭日昇天(きょくじつしょうてん)」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「旭日昇天」の意味は?

「旭日昇天」には、次のような意味があります。

勢いがきわめて盛んなたとえ。朝日が勢いよく天空に昇る意から。▽「旭日」は朝日。「昇天」は天に昇ること。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「旭日昇天」

「旭日昇天」とは勢いが非常に盛んであること、転じて順調に物事が進行することを表します。

キーワードは「勢い」ですが、たとえば誰にも負けないほど調子が良かったり、好調な成績を出し続けていたりと、常に良い状態が継続しているというニュアンスです。ちなみに「旭日」とは朝日のことを表します。エネルギーをもつ熱く眩しい太陽が天に昇っていく、そんなイメージを思い浮かべると良いでしょう。

「旭日昇天」の語源は?

次に「旭日昇天」の語源を確認しておきましょう。

「旭日」
朝日のこと

「昇天」
天に昇ること

「旭日昇天」を熟語ごとに分解すると、上記の意味をもつことが確認できました。「旭日」「昇天」いずれも漢字通りのシンプルな意味を表していますね。

暗闇の中に少しずつ現れ、まばゆい光を地上に与える朝日(旭日)には、まるで天に昇りつめてしまうほどの活力や勢い(昇天)があることから、四字熟語「旭日昇天」は生まれました。

「旭日昇天」の使い方・例文

「旭日昇天」の使い方を例文を通して確認していきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.職場の近くにグルメサイトのランキングで常に上位のラーメン屋がある。ネットの口コミをきっかけに有名となった、常に賑わう旭日昇天の人気店だ。

2.昨年不調だった選手が、今シーズンに入ってから毎試合ヒットを決めて絶好調だ。まさに旭日昇天の勢いでチームの信頼とファンの人気を取り戻している。

3.
A「この居酒屋は、産地直送野菜の盛り合わせや、一人でも予約せずに注文できるコース料理が名物なんだよ」
B「そうなんだ。初めて来たけど店内の雰囲気も良いね」
A「店長が言うには、旭日昇天の勢いで売り上げも伸びているんだって」

例文からも読み取れるように、「旭日昇天」は勢いのある好調な状態を表し、ポジティブな印象を与える言葉として用いられます。スポーツの試合やテストの成績、あるいは商売繁盛の店舗など、様々な対象に向けて使うことが可能ですよ。

また、例文2、3のように慣用句「旭日昇天の勢い」として使われることも一般的です。以下で意味を簡単に確認しておきましょう。

天にのぼる朝日のように勢いが盛んなこと。「選挙に大勝していまや旭日昇天だ」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「旭日昇天の勢い」

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「旭日昇天」の勢いをもった人物の言動や出来事は、周囲にも影響を与えるだろう。前向きなエネルギーを保ち、上昇していく姿が感動を呼ぶこともある。現状に満足して終わるのではなく、向上心を忘れないようにしたい。

次に「旭日昇天」の類義語・対義語、そして英語表現を確認しよう。

「旭日昇天」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 50947284

それではここで「旭日昇天」の類義語を確認しましょう。

次のページを読む
1 2 3
Share: