国語言葉の意味

【四字熟語】「千篇一律」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「千篇一律」について解説する。

端的に言えば千篇一律の意味は「芸術作品などが、どれも変わりばえせず同じであること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「千篇一律」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「千篇一律」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 28867657

それでは早速「千篇一律(せんぺんいちりつ)」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「千篇一律」の意味は?

「千篇一律」には、次のような意味があります。

[名・形動]多くの詩がいずれも同じ調子で変化のないこと。転じて、多くの物事がみな同じ調子で、おもしろみのないこと。また、そのさま。「千篇一律な(の)正月映画」

出典:大辞泉(小学館)「千篇一律」

作られた多くの文章や芸術作品などが、どれも同じ調子や体裁で変わりばえのしないこと。転じて、どのようなことでも機械的に一つのマニュアルに従って処理して、融通がきかないこと。また、平凡で何の特徴もないこと。▽「千篇」は数多くの詩文のこと。「一律」はすべて同じ調子で変化がないこと。「篇」は「編」とも書く。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「千篇一律」

「千篇一律」とは、ほとんどが同じような調子で変化に乏しく、面白みのないことを表す四字熟語です。本来は芸術作品(詩文など)に向けた言葉でしたが、現在ではより幅広い物事や話し方などに対して用いられています。

内容に変化や起伏がなく、非常に単調でつまらない状態が「千篇一律」です。さらには、一定の形式や型から抜け出せず、融通のきかない様子であるともいえます。「単調」と言い換えるとイメージしやすいかもしれませんね。

書く際には漢字に注意しましょう。「千遍(千回・千度のこと)」や「一率」は誤りです。ただし「千編」と書かれることがあり、こちらは正しい書き換えとなります。

「千篇一律」の語源は?

次に「千篇一律」の語源を確認しておきましょう。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: