国語言葉の意味

【四字熟語】「得手勝手」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「得手勝手」について解説する。

端的に言えば得手勝手の意味は「自分の都合ばかりを優先してわがままに振舞うこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「得手勝手」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「得手勝手」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 48373514

それでは早速「得手勝手(えてかって)」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「得手勝手」の意味は?

「得手勝手」には、次のような意味があります。

[名・形動]他人のことは考えず、自分に都合のよいように行動すること。また、そのさま。わがまま。「得手勝手が過ぎる」「得手勝手な注文」

出典:大辞泉(小学館)「得手勝手」

他人に構わず自分の都合ばかりを考えて、わがまま放題にするさま。▽「得手」は本来は得意なものの意。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「得手勝手」

「得手勝手」とは、他人の都合を考慮せず、自分のことだけを優先することをいいます。まるで世界が自分中心にまわっているかのように、自分勝手でわがままに行動することを表す四字熟語です。

「得手勝手」の語源は?

次に「得手勝手」の語源を確認しておきましょう。はじめに熟語ごとに分解し、その意味をご紹介します。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: