国語言葉の意味

【四字熟語】「無二無三」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「無二無三」について解説する。

端的に言えば無二無三の意味は「ただ一つだけで他に代わりがないこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

営業マネージャーとして勤務し、カナダでの留学を経てライターとして活動中のナガタナミキを呼んだ。一緒に「無二無三」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ナガタ ナミキ

外資企業の営業マネージャーとして勤務し、相手に伝わる会話表現やコーチングスキルについて学ぶ。カナダでの留学を経て、言葉の持つニュアンスや響きを大切にするライターとして現在活動中。

「無二無三」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 40790996

それでは早速「無二無三」の意味や語源・使い方を確認していきましょう。

「無二無三」の意味は?

「無二無三」には、次のような意味があります。

[名・形動]《「むにむざん」とも》

1.わき目をふらずいちずになること。また、そのさま。ひたすら。「ゴールを目ざし、無二無三に走る」
2.仏語。法華経に説く、仏となる道はただ一つ一乗であり、二乗、三乗にはないということ。無二亦無三 (むにやくむさん) 。
3.ただ一つしかないこと。二つとないこと。唯一。「東大寺と申すは、一閻浮提 (いちえんぶだい) ―の梵閣」〈盛哀記・二四〉

出典:大辞泉(小学館)「無二無三」

ただ一つしかなく、それに代わるものがないこと。転じて、一つの物事に心を傾けてそれに打ち込むさま。▽もと仏教語。仏になる道は一乗だけで、ほかに道はないという意から。「三」は「ざん」とも読む。

 

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)「無二無三」

「無二無三」は仏教用語が由来となって生まれた四字熟語です。仏になるための道はただ一つであることが本来の意味でした。

現在では転じて「他に代わりのない、唯一のこと」「一心に・一途に物事に取り組むこと」という意味で使われています。どちらも物事の重要性・熱心な姿勢が共通して感じられますね。

※読み方は(むにむさん)ですが、(むにむざん)とされる場合もあります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: