国語言葉の意味

【慣用句】「至れり尽くせり」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

The hotel gave me perfect service.
そのホテルは至れり尽くせりのサービスを提供してくれた。

「It couldn’t be better.」

It couldn’t be better. とは、直訳すると「これ以上に良くなる可能性はない」となります。


つまりは「今の状態が最高である」ということです。もちろん文句のつけようもありません。「至れり尽くせり」の意味を上手く掴んだ英語表現であり、日常会話でも使える便利なフレーズです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

自分が何もしなくとも必要なものが揃えてあり、もてなしを受け取ることができるサービスとはまさに「至れり尽くせり」。評価の高い三つ星ホテルやレストランが高級なのは、その対価にふさわしいものを提供するからだ。

「至れり尽くせり」を使いこなそう

この記事では「至れり尽くせり」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「至れり尽くせり」とは
・細かいところまで配慮や心遣いが行き届いていること
・文句のつけようがないほど完璧で素晴らしいこと
・痒い所に手が届くような、期待を超えた状態であること(サービスなどにおいて)
を表す慣用句でしたね。

感じ方は人それぞれですが、完璧と思えるものを生み出すには、それ相応の努力や時間がかけられているに違いありません。至れり尽くせりな素晴らしさを受け取る際には、それが当たり前ではないこと、高い志のもとに成り立っていることを忘れずにいたいものです。

1 2 3 4
Share: