国語言葉の意味

【慣用句】「至れり尽くせり」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「至れり尽くせり」の使い方を例文によって確認することができた。続いて類義語と英語表現をみていこう。

「至れり尽くせり」の類義語は?違いは?

image by PIXTA / 60157514

それではここで「至れり尽くせり」の類義語を確認しましょう。

「懇切丁寧」

「懇切丁寧(こんせつていねい)」とは、細部まで配慮・注意が行き届いていて、非常に親切なことを表す四字熟語です。

「懇切」とは心の込もった親切なこと、「丁寧」とは細部・隅々まで注意や気配りが行き届いている様子をいいます。

「心尽くし」

「心尽くし(こころづくし)」とは、真心や好意を込めて行うこと、相手のために細々と配慮することです。

たとえば友人を家に招いて食事会を開いた場合に、「心尽くしの手料理をふるまう」などということができます。相手への思いやりが込もった表現です。

「至れり尽くせり」の英訳は?

image by PIXTA / 50290846

最後に「至れり尽くせり」の英語表現を確認しましょう。

「perfect」「complete」

perfect とは「完全な、完璧な、申し分のない」といった意味をもつ形容詞です。

ちなみに類似表現として complete があげられます。
・perfect 欠点がなく性質や状態が完璧である
・complete 条件が全て揃っている

たとえばホテルでのサービスに関して、全てが完璧で素晴らしいことを表現するには perfect 、必要条件が全て満たされていることを強調する場合には complete を使うことができますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: