現代社会

女性の心を捉える「宝塚歌劇団」その輝かしい歴史を元大学教員がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。「宝塚歌劇団」とは兵庫県の宝塚市にある歌劇団。阪急電鉄の一部門だ。劇団は、花組、月組、雪組、星組、宙組の5組から構成されている。男役と娘役のデュエットにうっとりした経験がある女性も多いだろう。数あるラインナップのうちでも、池田理代子のマンガが原作の「ベルサイユのばら」は不動の人気。入団を希望する若い女性が殺到した。

それじゃ、第二次世界大戦の期間は苦難の道のりだった「宝塚歌劇団」の歴史のほか、浪漫あふれるクリエイティブなステージやタカラジェンヌなどの情報を、現代社会に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ひこすけ

文化の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。「宝塚歌劇団」と言えば、ハリウッドを彷彿とさせる和製ミュージカルとして独自の文化を作ってきた。演目のラストで繰り広げられる幻想的なフィナーレは感動もの。そんな「宝塚歌劇団」の不滅の世界観を関連する写真等と共にまとめてみた。

宝塚歌劇団とは?

image by PIXTA / 58309171

宝塚歌劇団といえば、華やかに演出された舞台上で歌い踊る姿が印象的です。退団の後に女優として活躍する人も多いこと特徴。日本を代表する本格的な女優さんが、実は宝塚歌劇団の出身だったということも少なくありません。

兵庫県宝塚市を中心に展開

宝塚歌劇団は、兵庫県にある宝塚市に拠点がある歌劇団。宝塚市のほか東京都千代田区有楽町にも劇場がつくられました。この2つの劇場で定期的に公演が開催されています。

付属の宝塚音楽学校にて劇団員の育成が行われ、選ばれたエリートだけが舞台で活躍できるシステムを採用しました。そのため生徒たちは、舞台で活躍することを夢みて、寄宿舎生活をしながら厳しいトレーニングを積んでいます。

宝塚音楽学校の卒業生限定の出演

宝塚音楽学校では、ダンスや歌などあらゆることを学びます。バレエ、タップダンス、モダンダンス、日舞など、踊りの基礎は必須。さらに、声楽やピアノもレッスンに含まれています。

宝塚音楽学校の教えは「朗らかに、清く、正しく、美しく」。宿舎では礼儀やマナーを厳しく教育され、独自の上下関係が維持されています。そのため厳しい生活に耐えきれず脱落する人も少なくありません。

宝塚音楽学校の「朗らかに、清く、正しく、美しく」という教えは昔の日本の女性観。宝塚歌劇団は大正時代に設立されたことから、かなり古風な教えが残っています。宝塚歌劇団は、寄宿舎生活を送りながらさまざまな作法を学ぶため、花嫁学校として評価される一面もありました。そのためスターになれなくても、卒業生は条件の良い嫁ぎ先が見つかるとされ、親が積極的に学校に入れるケースも多かったようです。今は、そのような考え方はありません。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

宝塚歌劇団の厳しいルールはテレビでもよく紹介されているな。軍隊に似ているところもある。一糸乱れぬダンスは、厳しい生活とトレーニングの賜物だ。

宝塚歌劇団は男性の入団は禁止

image by PIXTA / 21576850

宝塚歌劇団は、かつて女の園と呼ばれていました。宝塚音楽学校を含めて、入学そして入団できるのは女性のみ。また、未婚であることも必須条件です。そのため宝塚歌劇団に入った女性は、結婚することになったら退団しました。

5つの「組」から構成

宝塚歌劇団は、花組、月組、雪組、星組、宙組のつの5組から構成。それぞれの「組」には組長と副組長がおり、組子の指導にあたっています。

公演は組ごとに行われ、それぞれにトップスターが在籍。宝塚のファンは、お気に入りの組を応援し、公演に足を運びます。組の人気はどんなトップスターが在籍しているかにより変わりました。

男役と娘役により演じられる

宝塚歌劇団は女性のみの劇団ですが、上演される演目には男性の登場人物も存在します。そこで、女性が男装して演じることが一般的になりました。

そこで宝塚歌劇団に入ると、団員は男役と娘役に分かれます。背の高い女性は男役になることが多数。話し方や振る舞いなど、男性風に演じました。とりわけ男役に人気が集まり始め、宝塚ブームの火付け役となります。

\次のページで「宝塚歌劇団の歴史は大正時代にスタート」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: