理科生物細胞・生殖・遺伝

細胞説だけじゃない!多彩な研究者「シュワン」を現役講師がサクッとわかりやすく解説!

今回は科学者シュワンについて学んでいきたいと思う。

高校生であれば、彼の名前を聞くのは生物基礎の前半、細胞について学ぶときだろう。シュワンは細胞説の提唱者として紹介されるが、それ以外にもたくさんの研究成果を残した人物なんだ。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

シュワンとは

テオドール・シュワン(Theodor Schwann)は19世紀に活躍した生物学者です。マティアス・ヤーコプ・シュライデンとともに、細胞説を提唱した最初期の人物として知られています。

生涯

シュワンは1810年、当時フランス帝国だったノイスという街に生まれました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

現在のノイスはドイツ西部にある都市だ。とても歴史の長い町として知られているぞ。

成長するにつれて生物学に興味を持つようになったシュワンは、ベルリン・フンボルト大学(以下ベルリン大学)やボン大学、ヴュルツブルク大学などを転々しながら自然科学と医学を学びます。

ベルリン大学では生理学者のヨハネス・ペーター・ミュラーに師事しました。ミュラーはプランクトンの研究を発展させたほか、医学にも少なくない功績を残した人物です。

image by iStockphoto

1834年、23歳の時にベルリン大学へ戻ると、シュワンは前述のミュラーの助手となり、本格的な研究生活をはじめます。動物の神経や筋肉といった組織を調べたり、呼吸や消化、発酵などの生体反応を研究したりと、幅広い分野にチャレンジしました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

やたらと手を出したわけではなく、それぞれの研究分野でしっかりとした成果を残しているのがシュワンのすごいところなんだ。後ほど、シュワンの功績を紹介してもらうから、楽しみにしているといい。

\次のページで「シュワンの功績」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: