国語言葉の意味

【四字熟語】「油断大敵」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「油断大敵」について解説する。

端的に言えば油断大敵の意味は「油断は大きな失敗のもととなる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元塾講師で、解説のわかりやすさに定評のあるgekcoを呼んだ。一緒に「油断大敵」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/gekco

本業では出版物の校正も手がけ、一般教養に強い。豊富な知識と分かりやすい解説で好評を博している。

「油断大敵」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 58880511

油断大敵は「ゆだんたいてき」と読みます。それでは、早速「油断大敵」の意味や使い方について詳しく見ていきましょう。

「油断大敵」の意味は?

油断大敵には次のような意味があります。

油断は失敗の原因であることが非常に多いから、何よりもこわい敵である。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「油断大敵」

自分や相手の油断を戒めるために使うことの多い、慣用句のような使い方をする言葉です。

「油断大敵」の由来は?

先に説明した意味の通り、油断大敵とは、油断すると大きな失敗をしてしまうので、油断はこわい敵である、という意味です。つまり、油断大敵は「油断」と「大敵」の二つに分けられます。では、油断とはなんでしょうか。

油断の意味は、「気の緩み」や「注意不足」です。なぜ、気の緩みや注意不足を「油断」と呼ぶのでしょうか。実は、油断の由来には大きく3つの説があります。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: