世界史

西洋化の道を歩んで滅びた「ハワイ王国」の歴史を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。現在のハワイ州はアメリカ合衆国の一部だ。しかし、歴史をさかのぼると先住民による独自の王朝が存在していた。それがカメハメハ一族によるハワイ王国だ。白人や日本人の移民が増える時期、国王が主権を持っていたが西洋化の道を歩んだ。米国によるハワイ併合の結果、王朝は終焉を迎える。

ハワイの観光スポットとして、ハワイ王国に関連するものが数多く残されている。そんなハワイ王国の歴史と文化を、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。当時の「ハワイ王国」は、砂糖やサトウキビに関連する産業で栄えた王朝だ。明治時代に日本人も数多く移住している。アロハシャツは当時の日本人の作業服から発展したと言われている。日本とのゆかりも深いハワイ王国の情報を写真と共にまとめてみた。

ハワイ王国とは?

image by PIXTA / 44074048

ハワイ王国とは、現在のハワイ諸島に実際にあった王国のこと。1795年から1893年までのあいだ存在していました。1893年にアメリカ政府が傀儡政権をたちあげたことで国王は権力を失います。そしてハワイ併合によりハワイ諸島は合衆国となり、王国は消滅しました。

ハワイの歴史はポリネシア系の先住民から始まる

ハワイ諸島の歴史は、南太平洋にあるマルケサス諸島やタヒチからカヌーで渡ってきたポリネシア系の先住民から始まります。

その時期は諸説ありますが、紀元前500年前後から3世紀頃までのあいだが濃厚。先住民たちは最初はハワイとタヒチを往来。その過程で、タロイモやココナッツなどの食文化やハワイアンダンスのフラが継承されました。

キリスト教の信仰が西洋化を加速

大航海時代にイギリス人の探検家ジェームズ・クックがオアフ島そしてカウアイ島を「発見」して上陸します。さらに南北戦争後は、新たなプランテーションをもとめるアメリカ人移民が増えていきました。

ハワイ諸島で台頭してきたカメハメハ一族は、イギリス人やアメリカ人と交流しながら武力を拡大します。ハワイ諸島の統一後は、西洋化の道を進み始めました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

これから登場するが、ハワイ王国の摂政として力を持った継母のカアフマヌがプロテスタントに改宗したことがターニングポイント。ハワイ王国の古代からの伝統が廃れ、西洋化が一気に進んだ。

ハワイ王国の創始者カメハメハ1世

image by PIXTA / 50455950

ハワイ王国の創始者はカメハメハ1世。日本ではNHKの「おかあさんといっしょ」の歌の影響もあり「カメハメハ大王」の知名度は抜群です。歌のタイトルは「南の島のハメハメハ大王」。ハメハメハはカメハメハ大王の友達という設定だそうです。

カメハメハ1世は西欧諸国との外交を重視

カメハメハ1世は外交手腕に優れた国王でした。イギリスやアメリカをはじめとするヨーロッパ諸国と良好な関係を築きました。それによりハワイは植民地化されることなく、合衆国の一部になるまで長らく独立を維持できたと言えるでしょう。

武器を調達してハワイ諸島の統合を進める

この時期のハワイ諸島の統一をサポートしたのがイギリス。初代国王のカメハメハ1世は、安全保障を確約するなどイギリスを優遇します。その見返りとして武器をもらい、ハワイ諸島の制圧を実現しました。

このとき独立を守ったのが首長カウムアリイが統治するニイハウ島。のちに、遠征軍との戦いに敗れたニイハウ島は、ハワイ王国の支配下に置かれます。

現在のニイハウ島は個人所有。スコットランド人のエリザベス・シンクレアの奥さんが、カメハメハ5世から島民付きで買い取りました。ピアノ1台と10,000ドルのお値段だったそうです。現在、ロビンソン家が島を所有。家族と一部の関係者しかニイハウ島に入ることはできません。今はツアーに参加すれば上陸は可能。ただ、島民との接触は禁止されているそうです。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

カメハメハ1世はハワイ王国の創始者として特別な存在。今でもホノルルやハワイ島などに大王像がある。大王キーホルダーは海外旅行のお土産の定番だ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke