国語言葉の意味

【四字熟語】「堅忍不抜」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「堅忍不抜」について解説する。

端的に言えば「堅忍不抜」の意味は「どんな困難や誘惑にも心を動かさず、耐え抜くこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

学習塾経営者で国語が得意なぼすこを呼んだ。一緒に「堅忍不抜」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ぼすこ

国立大学教育学部卒業後、学習塾を経営。読書好きが高じて蓄えた幅広い知識と、得意教科である国語力で、四字熟語をわかりやすく解説していく。

「堅忍不抜」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「堅忍不抜」の意味や語源・使い方など、基本的な内容を確認していきましょう。

「堅忍不抜」の意味は?

「堅忍不抜」について、辞書には次のように記されています。

1.どんな困難や誘惑にも心を動かさず、耐え抜くこと。

出典:大辞林第三版(三省堂)「堅忍不抜」

「堅忍不抜」の読みは、「けんにんふばつ」で、前後で2つの熟語に分けることができます。

「堅忍」は、しっかり堪えしのぶことを、「不抜」は、抜けないこと、心が堅く揺るがないことを意味する熟語です。2つを合わせて、「どんな困難や誘惑にも耐え、しっかりとして堅く揺るがない心」を表します。

元々「抜」という漢字には、「変化」に関連した意味が多くあり、「不」という否定の語とくっつくことで、「変化しない、動かない」という強い意味が生まれてくるんですね。

「堅忍不抜」の語源は?

「堅忍不抜」の意味を確認したところで、次にその語源についても見ていくことにしましょう。

「堅忍不抜」は、唐宋八大家の一人、蘇軾(そしょく)に由来します。唐宋という名のとおり、蘇軾は中国宋の時代の人物で、北宋の政治家、詩人、書家、画家と、様々な分野で活躍を見せた人物です。

豊かな教養を持ち、多くの詩などで言葉を残した蘇軾が、著書である「鼂錯論」の中で述べたのが、「古の大事を立つる者は、唯だに超世の才有るのみならず、亦た必ず堅忍不抜の志あり」という言葉。現代語に訳すと、「古い時代に大事業を企てた人物は、世間一般の人よりも才能があっただけでなく、必ず、困難などに耐え忍び、揺るがない心を持っていた。」となります。

蘇軾自身も、才能はあったにもかかわらず、幾度かの左遷により苦しい人生を強いられたが、常に自分の思う姿を追い続けたという点で「堅忍不抜の志」を持つ人物です。そんな蘇軾が作った言葉ですから、「堅忍不抜」という言葉には重みを感じますね。

次のページを読む
1 2 3
Share: