国語言葉の意味

【慣用句】「足もとを見る」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターがわかりやすく解説!

「take advantage of」

「足もとを見る」というよりは「弱みにつけ込む」という意味で英訳した方が伝わりやすいかと思います。「take」は「取る」という意味。「advantage(アドバンテージ)」は「有利な点」や「強み」という意味になります。「take advantage of~」と繋げることで「~を利用する」つまり「つけ込む」と英訳することができますね。「He took advantage of my weakness」と言えば、「weakness」は「弱点」という意味なので「彼に足元を見られた」と伝えることができるでしょう。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

直訳するならば「find the length of one’s foot」と英訳することもできる。だが、これでは「足もとを見る」の意味が伝わりにくい。やはり、英語で伝えるならば「take advantage of」を使うのがベストといえるだろう。

「足もとを見る」を使いこなそう

この記事では「足もとを見る」の意味・使い方・類語などを説明しました。「足もとを見る」以外にも、「足元にも及ばない」や「足元に火がつく」など、「足もと」に関係した多くの慣用句が存在します。これだけ「足もと」に注目しているのは、やはり、それだけ「足もと」が重要だといえるからではないでしょうか。第一印象も大事ですが、隙ばかりで脇が甘いと、信用を失うことになりかねません。迷った時こそ、足もと(弱点)を見ることも大事。自信を持って挑めるように、身だしなみから気をつけてみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4
Share: