国語言葉の意味

【四字熟語】「冷暖自知」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「冷暖自知」について解説する。

端的に言えば冷暖自知の意味は「自分で体験してみてわかること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「冷暖自知」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yamato810

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「冷暖自知」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「冷暖自知」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「れいだんじち」です。意味だけでなく、語源や使い方も身につけておくと理解が深まりますよ。

「冷暖自知」の意味は?

「冷暖自知」には、次のような意味があります。語源やもとの意味もありますが、その前に現在使われている一般的な意味について知っておきましょう。

1.体験したものでなければ分からないこと。

出典:四字熟語辞典(学研)

調べると何かに掲載されていたり、人から聞いてわかることもありますが、何事も実際にやってみないことには本当にわかったとは言えないということです。ほぼ間違いのないようなことであっても、人から聞いた借り物の知識ではなく自分で体験して確かめることに意味があるということにつながります。

また、上記のほかに、他人から言われなくても自分のことは自分でわかるという意味で使われることもありますよ。

「冷暖自知」の語源は?

次に「冷暖自知」の語源を確認しておきましょう。「冷暖(れいだん)自(みずか)ら知る」と訓読し、その由来は『景徳傳燈録(けいとくでんとうろく)』という禅宗の歴史書にあります。『景徳傳燈録』には、次のような話が書かれていますよ。

目の前に一杯の椀にお茶が注がれているとして、それが温かいか冷たいかの湯加減は見ているだけでは知ることはできません。温かいか冷たいかを知るには、自分で触ってみるか飲んでみるしかないということです。

このことは、禅宗では自ら実践して経験を積んでこそ会得することができるという教えにつながっており、禅語として使われています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810