国語言葉の意味

【四字熟語】「自家撞着」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「自家撞着」について解説する。

端的に言えば自家撞着の意味は「同じ人の言動や文章などが前後で矛盾していること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んだ。一緒に「自家撞着」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「自家撞着」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「自家撞着」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。基本的な読み方は「じかどうちゃく」ですが、「じかとうちゃく」「じかどうじゃく」と読むこともあります。意味のほかに語源など詳しい情報を身につけると理解が深まりますよ。

「自家撞着」の意味は?

「自家撞着」には、次のような意味があります。あまり馴染みのない「撞」という漢字が含まれていますが、正確な意味をつかめるよう一緒に詳しく見ていきましょう。

1.同じ人の言動や文章などが前後で矛盾していること。自分で自分の言行に反することをすること。

出典:新明解四字熟語辞典(三省堂)

「自家」は自分や自分自身のことです。「撞」は突き当たることや矛盾することで「着」は着くことなので、「撞着」で突き当たるに至ったということで「突き当たった、矛盾した、辻褄が合わなくなった」という意味になります。

簡単に言うと「矛盾する状態に陥った」ということですが、悪意なくそうなってしまったということです。また、このことを自覚している場合もあれば、人に指摘されるまで気づかないという場合もあります。

「自家撞着」の語源は?

次に「自家撞着」の語源を確認しておきましょう。禅の集大成の書物とされる『禅林類聚(ぜんりんるいじゅう)』の看経門(かんきんもん)とういう十八番目の章に由来があります。

まず、「山の頂は見えず、海の底も見えず、土埃で行く手も見えない状況である」という記述のあとに、「頭(こうべ)を回(めぐ)らせば撞着す、自家の底と。」とあります。意味は、「振り返って見ても自分がどこをどうしてやって来たのか見当もつかない」です。自分が歩いてきた道が自分自身でもわからなくなっている状況を表しています。

\次のページで「「自家撞着」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: