国語言葉の意味

「楽あれば苦あり」の語源は「江戸いろはかるた」!意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員が簡単にわかりやすく解説

「No pains, no gains.」:苦は楽の種

「pain」は「苦痛」「苦労」、「gain」は「利益」「利得」という意味です。「No pains, no gains.」は英語のことわざなので、そのまま覚えましょう。「苦は楽の種」「骨折りなくして利得なし」「苦労なくして利益なし」などと訳されます。成功したり利益を得たりするためには、努力や苦労が必要だということですね。

「There is no pleasure without pain.」:楽あれば苦あり

「pleasure」は「喜び」「楽しいこと」という意味です。「There is no pleasure without pain.」も英語のことわざですよ。意味は「苦労を伴わない楽しみはない」つまり「楽あれば苦あり」ということです。

「You have to take the good with the bad.」:楽あれば苦あり

「You have to take the good with the bad.」も英語のことわざです。意味は「良いものと悪いものは一緒に受け取らなくてはいけない」「良いことがあれば悪いこともある」なので「楽あれば苦あり」ですね。

日本語でも「楽あれば苦あり」と「苦あれば楽あり」があるように英語でも「to take the bad with the good」という表現がありますよ。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

日本語でも英語でも「楽あれば苦あり」という意味のことわざがたくさんある。人生はいいことばかりでも悪いことばかりでもないという人生観は、洋の東西を問わないようだな。

「楽あれば苦あり」を使いこなそう!

この記事では「楽あれば苦あり」の意味や語源を調べ、使い方や類義語などを解説しました。

「楽あれば苦あり」「楽しい事のあとには苦しい事がある」という意味です。その語源は「江戸いろはかるた」でした。万事うまくいっているときも決して有頂天にならず、苦しいときも決して希望を失わないために「楽あれば苦あり」を使いこなしてくださいね。

1 2 3 4
Share: