国語言葉の意味

「楽あれば苦あり」の語源は「江戸いろはかるた」!意味・例文・類義語などを日本放送作家協会会員が簡単にわかりやすく解説

「禍福は糾える縄の如し」:幸福と不幸は交互にやってくる

「禍福は糾える縄の如し」は「かふくはあざなえるなわのごとし」と読みます。「禍福」の「禍」は「不幸」「災い」という意味です。コロナ禍の「禍」ですね。「福」は「幸福」です。「糾(あざな)う」は「縄をより合わせること」。「禍福は糾える縄の如し」「不幸と幸福は、より合わせた縄のように表裏一体で、交互にやってくる」という意味です。

「待てば海路の日和あり」:じっくり好機を待て

「海路」は「航路」「船の旅」のこと。嵐で海が荒れても、待っていればいずれ航海に適した穏やかな日和になります。「待てば海路の日和あり」は、あせらず「じっくり好機を待て」という意味です。

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」:悪いときもあれば良いときもある

「瀬」とは、「川などの流れが浅く、歩いて渡れる場所」や「流れの急なところ」のことですが、「物事に出会う機会」や「置かれている立場」という意味もあります。

人生にはどんなに努力しても結果が出ないときもあれば、逆にとんとん拍子に事が運ぶときもありますね。「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」「長い人生には良いときもあれば悪いときもある」「悪いことばかりが続くわけではない」という意味です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「瀬」には「物事に出会う機会」や「置かれている立場」という意味がある。たとえば、「逢瀬(おうせ)」は「愛し合う男女が密かに合う機会」、「瀬戸際(せとぎわ)」は「物事の重大な分かれ目」、「立つ瀬がない」は「立場がない」という意味だぞ。

「楽あれば苦あり」の英訳は?

image by iStockphoto

英語では「楽あれば苦あり」をどのように表現するか見ていきましょう。

\次のページで「「No pains, no gains.」:苦は楽の種」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: