アメリカの歴史世界史歴史独立後

女性スキャンダルで世間を賑わせた大統領「ビル・クリントン」の生涯を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。ビル・クリントンは第42代アメリカ大統領。妻のヒラリーと共に国民的人気を誇る、民主党の顔と言える政治家だ。ルインスキーとの不倫スキャンダルのニュースが話題になったことも記憶に新しい。政治活動だけではなくプライベートが何かと話題となる政治家でもある。

女性問題のイメージが強いクリントン元大統領だが、当時の政治・経済政策はどうだったのだろうか。関連する話題や写真と共に、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。「ビル・クリントン」は、大統領選でジョージ・H・W・ブッシュに勝利して米国大統領になった人物。のちに妻ヒラリーが立候補してトランプと戦ったときは夫として選挙運動に参加した。そんな元大統領に関係する情報をまとめてみた。

「ビル・クリントン」とは?

image by PIXTA / 833542

ビル・クリントンとは、弁護士そしてアーカンソー州知事を経て合衆国大統領となった政治家です。彼の妻はヒラリー・ロダム・クリントン。ファーストレディであると同時に、女性として初めて大統領候補に指名された人物です。

不遇だった幼少期時代

1946年にアーカンソー州で生まれたビル・クリントン。当時の名前はウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア。父親は、彼が生まれる前に自動車事故で亡くなっていました。

母親がロジャー・クリントンと再婚、3人の生活がはじまります。新しい父親はアルコール中毒の傾向がありました。そのためビル・クリントンは幼少期、かなりの暴力を振るわれることに。父親が発砲した銃弾で危険な目に合うこともありました。

弁護士時代にヒラリーと出会う

ジョージタウン大学を卒業したあと、ビル・クリントンは奨学生としてオックスフォード大学に留学する機会を得ます。帰国したあとはロー・スクールに入学。そこで妻となるヒラリーと出会いました。

1973年博士号を取得したあとは、アーカンソー大学のロースクールの教員となります。同時にビル・クリントンは政治に対する興味を深め、民主党の選挙運動に参加するようになりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

クリントンは高校生のとき、ホワイトハウスに招かれて、ジョン・F・ケネディと握手したことがあるそうだ。 ケネディも女性スキャンダルが数多くあったことで有名な政治家。ある意味、夢の共演だな。

「ビル・クリントン」はアーカンソー州にて政治活動を開始

Reagans with the Clintons.jpg
By White House photo office – http://www.reagan.utexas.edu/archives/photographs/large/C39192-3.jpg, Public Domain, Link

ビル・クリントンの最初の政治活動は1974年に行われた中間選挙。連邦下院議員選挙の出馬でした。アーカンソー州の民主党予備選で勝利し、本選挙に進出します。

連邦下院議員選は共和党に敗北

本選挙で議論となっていたのがウォーターゲート事件。これは、1972年の大統領選挙戦のときにワシントンD.C.の民主党本部で起こった、不審者の侵入、盗聴、もみ消し、隠ぺいなどの、一連のスキャンダルです。

このスキャンダルから、リチャード・ニクソン大統領は、大統領弾劾発議の末に辞任することになりました。ニクソン政権の不正に対する世論の反発は強く、民主党の躍進が期待されます。しかし、クリントンは僅差で共和党候補者に敗北しました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke