英訳英語

【英語】「ふらふらする」は英語でどう表現する?「ふらふらする」の英訳や使い方・事例をドラゴン桜桜木と解説!

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここで見たように、「ふらふらする」には複数の意味があるぞ!次にこの言葉を英語でどう表現できるか見ていこう。

「ふらふらする」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「ふらふらする」の英語表現その1

「揺れ動いて安定しないさま」の意味でつかわれる「ふらふら」を英語で表現するには、「wobble」を使いましょう。「wobble」は「不安定に左右に動く、グラグラ揺れる」という意味の動詞です。また、「lose control」や「lose balance」で間接的に表現する方法もあります。

The boy wobbled along the street on his bike.
その少年はふらふらしながら自転車に乗っていた。

The vehicle began to wobble badly.
その自動車は、ひどくふらふらし始めた。

Sarah lost control of her car.
サラはハンドル操作を誤ってふらふらした。

「ふらふらする」の英語表現その2

「からだに力がはいらないさま。意識がはっきりしないさま」の意味で使われる「ふらふら」を英語で表すには、「shaky」「dizzy」「giddy」などを使います。「shaky」は「揺れる、ぐらつく」という意味の形容詞です。「dizzy」と「giddy」はいずれも「めまいがする、目が回る」という意味ですが、「giddy」は軽いめまいやふらつき、「dizzy」は倒れそうなくらい目が回るというニュアンスの違いがあります。また、飲みすぎや高熱で頭がふらふらするという意味の「lightheaded」を使っても良いでしょう。

Sarah is still shaky on her feet.
サラはまだ足元がふらふらしている。

I am feeling weak and dizzy.
体調が悪くふらふらする。

John felt giddy and lightheaded.
ジョンは軽いめまいを感じてふらふらした。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
ミッシェル