国語言葉の意味

【四字熟語】「意馬心猿」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「意馬心猿」について解説する。

端的に言えば意馬心猿の意味は「心が混乱して落ち着かないようす」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

10数年間、中高生に学習指導をしているライターヤマトススムを呼んです。一緒に「意馬心猿」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ヤマトススム

10数年の学習指導の経験があり、とくに英語と国語を得意とする。これまで生徒たちを難関高校や難関大学に導いてきた。

「意馬心猿」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意馬心猿」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。読み方は「いばしんえん」です。さまざまな観点から「意馬心猿」をチェックしていきますよ。

「意馬心猿」の意味は?

「意馬心猿」には、次のような意味があります。ここでは、現在使われている意味合いについて確認していきますよ。

1.心が煩悩や欲情などに乱されて落ち着かないこと。また、そういう心を抑制できないこと。

出典:四字熟語辞典(学研)

漢字を見ていくと、「意」は心のことなので馬のような心と猿のような心ということです。そこから、「走り回る馬のような心」と「落ち着きのない猿のような心」という意味になっています。

動物のようであるというのは本能のままであり、自分をコントロールできていないということです。人間でいうところの煩悩や欲情などを抑えきれずに落ち着かない気持ちであることにつながりますね。意味としては、落ち着かないことのほか、欲や心の乱れを抑えきれないようすを表します。

「意馬心猿」の語源は?

次に「意馬心猿」の語源を確認しておきましょう。

中国の唐の時代に作成された「参同契(さんどうかい)」という禅の詩に記述があります。そこには「如し其れ心猿定まらず、意馬四馳すれば、則ち神気外に散乱す」と「意馬心猿」が二字ずつに分かれて記載されているそうです。今でも、仏教の曹洞宗において読誦する経典の一つになっています。

また、中国の明の時代の「伝習録」にも登場しますよ。「伝習録」は儒学や陽明学の入門書であり、王陽明の言行を弟子が書物として残したものです。ここには、「初学時、心猿意馬、栓縛不定」とあり、初学のうちは心が不安定でつなぎとめることはできないという意味で書かれています。

\次のページで「「意馬心猿」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: