理科生物細胞・生殖・遺伝

”メンデルの法則”で有名なメンデルってどんな人?現役講師がわかりやすく解説

よぉ、桜木建二だ。今回は遺伝学の祖ともいわれる人物、メンデルについてみていこう。

「メンデルの法則」は高校で学ぶ生物学でも必ず登場することから、彼の名前はよく知られている。しかしながら、その人生や人物像についてまで踏み込まれることはあまりないな。メンデルの生涯やその業績について、改めて学んでみよう。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

メンデル

グレゴール・ヨハン・メンデルは19世紀に生きたオーストリア帝国の司祭です。修道院に所属する傍ら自然科学を学び、後述するメンデルの法則を発見しました。生物の教科書には必ずと言っていいほど名前の載っている偉人です。

生涯

メンデルは1822年に当時のオーストリア帝国、ハインツェンドルフという街に生まれました。農家の子供として生まれた彼は、成長するにつれて自然科学に興味を持つようになります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ハインツェンドルフは現在のチェコ共和国にあるヒンチツェだ。ポーランドとの国境に近い街だな。

1840年からオロモウツという街の大学で哲学や物理学を学んだのち、ブリュン(現在のブルノ)の修道院に所属することにしました。

科学を学んでいたメンデルが急に修道院に入ったのには理由があります。ブリュンの修道院には数学者や哲学者、植物学者などが所属しており、専門的な学問を学ぶことができたのです。家があまり裕福でなく、大学の学費にも圧迫されていた彼にとって、修道院はよりよい環境でした。

もちろん修道士としての勉強もおこない、1847年には司祭に任ぜられます。

StThomasAbbeyBrno.jpg
コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、Parmesan~commonswikiだと推定されます(著作権の主張に基づく) – コンピュータが読み取れる情報は提供されていませんが、投稿者自身による作品だと推定されます(著作権の主張に基づく), CC 表示-継承 3.0, リンクによる

科学の勉強を続けていたメンデルは、1851年に名門ウィーン大学に留学するチャンスを得ます。2年の大学生活の中で、植物学や動物学、物理学、数学などを学びました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

メンデルに物理学と数学を教えたのは「ドップラー効果」で名前の知られているクリスチャン・ドップラーだったのだそうだ。同時代の人物だったんだな。

1853年にブリュンの修道院に戻ると、司祭としてはたらく傍ら、科学を教えるために教壇に立ちました。1868年には教師としての活動を終え、修道院の長を務めますが、それからはなかなか自身の研究を行うことができなかったようです。

1884年、61歳でこの世を去りました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「修道士のメンデル」というのはよく教科書なんかに書いてあるが、大学でかなり専門的な教育を受けた科学者の一面があったんだな。

それでは、メンデルの名を一躍有名にした“メンデルの法則”について解説してもらおう。

メンデルの法則

“メンデルの法則”とは?

“メンデルの法則”とは、メンデルが論文『植物雑種に関する研究』で発表した遺伝の法則をまとめたもので、“優性の法則”、“分離の法則”、“独立の法則”の3つからなります

それぞれの法則は以下のようなものです。

優性の法則
形質(=形や性質などの特徴)には優性の形質と劣性の形質があり、雑種の第一世代ではすべての個体に優性の形質があらわれる。劣性の形質はかくれてしまう。

分離の法則
雑種の第二世代では、優性の形質をもった個体と劣性の形質をもった個体が3:1の比率に分離してあらわれる。

独立の法則
2つ以上の異なる形質はそれぞれ独立に遺伝する。

メンデルはエンドウマメを使った交雑実験を行い、この3つの法則を導き出しました。

そして彼は「親の形質が子に伝わるのは、その情報をもった粒子のようなものが受け渡されるからではないか」「粒子のようなものを想定すれば、3つの法則を説明できる」と考えます。

次のページを読む
1 2 3
Share:
yu_onozuka