国語言葉の意味

【慣用句】「逃げるが勝ち」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「逃げるが勝ち」について解説する。

端的に言えば「逃げるが勝ち」の意味は「相手に勝ちを譲る」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んだ。一緒に「逃げるが勝ち」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に年間60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で慣用句を解説していく。

「逃げるが勝ち」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「逃げるが勝ち」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「逃げるが勝ち」の意味は?

「逃げるが勝ち」には、次のような意味があります。

争わないで相手に勝ちを譲るほうが、大局的に見れば得策である。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「逃げるが勝ち」

「逃げる」というと、卑怯な印象を持ってしまうかもしれません。しかし、状況によっては、戦略的撤退も必要ではないでしょうか。「逃げるが勝ち」は、勝てないと分かっている相手ならば、先に「勝ち」を譲ってしまった方が良い結果に繋がるという意味になります。たとえば、他者からケンカを売られたとしましょう。体格の差から勝てそうにありません。あなたは悪くありませんが、謝って逃げることにしました。これも「逃げるが勝ち」といえます。

ケンカを買ったとしても、自分は怪我をするだけ。さらに、余計な面倒事に巻き込まれてしまう危険性があります。そんな事に労力を使うくらいなら、自分の将来のために力を有効活用すべきではないでしょうか。逃げる時は恥ずかしくても、長い人生からみれば一瞬の出来事。限りある時間を有意義に使った者が、最終的には「勝ち」となるのです。幸せな人生を送るために必要な考え方の一つといえますね。

「逃げるが勝ち」の使い方・例文

「逃げるが勝ち」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: