国語言葉の意味

【四字熟語】「金科玉条」の意味や使い方は?例文や類語も含めて現役文系講師が詳しく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「金科玉条(きんかぎょくじょう)」という四字熟語について解説する。

端的に言えば「金科玉条」の意味は「大切なきまり」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

現役塾講師で文系科目のスペシャリストである「すけろく」を呼んだ。一緒に「金科玉条」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

すけろく

ライター/すけろく

現役文系講師として数多くの生徒を指導している。その豊富な経験を生かし、難解な問題を分かりやすく解説していく。

#1 「金科玉条」の意味や使い方のまとめ

image by iStockphoto

それでは早速「金科玉条」の意味や使い方を見ていきましょう。

「金科玉条」の意味は?

「金科玉条」には、次のような意味があります。まずは、辞書に出てくる定義を押さえておきましょう。

一番大切なきまりや法律。

出典:大辞林 第三版(三省堂)「金科玉条」

「金科玉条」の意味を「金科」と「玉条」に分けて考えてみましょう。「金科」の「金」は貴金属の金のように貴重で価値のあるものという意味で用いられています。

もうひとつの「科」が表すのは、法律の条文という意味です。一方の「玉条」の方はどうでしょうか。

こちらも、「玉」宝玉のように大切で貴重なものという意味を持ちます。また、「条」が表すのも法律の条文です。

つまり、「金科玉条」は似た意味を持つ二つの熟語が合わさってできているといえます。そして、その表す意味は貴重で素晴らしい法律や規則です。

ただし、「金科玉条」は他人を批判する際にも用いられることがあります。使う際には十分に注意してください。

「金科玉条」の由来・出典は?

次に「金科玉条」の由来や出典を確認しておきましょう。この四字熟語は、「文選(もんぜん)」という書物に収録されている「劇秦美秦(げきしんびしん)」という題名の文章中にその出典があります。

この文章は揚雄(ようゆう)という人が著したもので、秦の国策を批判し「新」という王朝を讃える内容になっているのが特徴です。

この文章中に「金科玉条」という部分があり、今日まで伝わっています。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
すけろく