日本史明治明治維新歴史

「明治時代」とはどんな時代?制度や生活の変化を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。「明治時代」とは政府の方針により和洋折衷が進められた時期だ。生活に欧米諸国の文化が浸透し、衣食住が洋風化が進んだ。着物ではなく洋服を着る人も増え、西洋風の住宅も出現。それだけではない。役所、軍隊、法律、経済など、あらゆる制度の改革が断行されたのも明治時代。近代化が進むと共に混乱も多かった時代だ。

「明治時代」に起こった変化は現代に大きな影響を与えているものもある。そこで「明治時代」を特徴づける現象や、それまでとの生活の変化について、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。日本の近代化の歴史を語るとき「明治時代」を避けて通ることはできない。封建制度が崩壊し、日本人の精神的な変化も大きかった「明治時代」。この時代の制度や習慣の変化について筆者の視点を交えながら解説する。

「明治時代」は天皇中心の国家がつくられた時代

Kenpohapu-chikanobu.jpg
楊洲周延 – an original print(The contributor has this source.), パブリック・ドメイン, リンクによる

江戸時代は、京都に天皇は住んでいたものの、徳川幕府を中心に政治が行われていました。明治時代になると、天皇を中心に据えた国家体制がつくられ始めます。それに伴い天皇は京都から東京に行幸。それに伴い、明治政府はあらゆる拠点を東京に集約していきます。

名称が江戸から東京に変わる

明治時代の大きな変化は、江戸という名称がなくなり、東京に変わったこと。東京という名前は江戸時代の後期から構想されていました。江戸時代の経済学者である佐藤信淵が『混同秘策』のなかで、東京という名称を提案しています。

佐藤信淵は、江戸を東京、大阪を西教と呼ぶことを提案。京都を入れて3京体制をつくることを構想しました。そこから江戸を東京を呼ぶ案が出たとのこと。東京に政治機能が集中することで、銀座をはじめとする新しい商業発展エリアが瞬く間に発展します。

廃藩置県により中央集権国家となる

東京に機能を集中させると共に廃止されたのが「藩」。もともと江戸時代は、江戸幕府を中心に、地方では藩による分権体制が敷かれていました。明治4年から、全国にある261藩は廃止。代わりに、3府302県に変更されました。

廃藩置県により日本は中央集権の国となります。藩が廃止されるにともない、身分制度にも改革の波が。大名・公家は、西洋の貴族制度にならい、華族と位置づけられました。士農工商のうち「士」は士族とされます。そして、その他の身分は撤廃されてすべて国民となりました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

明治時代のはじめは明治天皇の年齢が若かったこともあり、実際に政治に関わることは少なかったようだ。明治23年に公布された大日本帝国憲法において、天皇の権力が明確になる。それまでは薩長土肥の藩閥に関係する人たちが権力を持っていた。

「明治時代」に政府は日本の近代化を推進

Iwakura mission.jpg
不明 (photo was made in London) – 1. From the arabic Wikipedia [1] 2. Japanese class [2], パブリック・ドメイン, リンクによる

明治政府は、ヨーロッパ諸国との外交を深めるなか、日本は対等に扱われていないことを痛感します。そこで、明治政府が取り組んだのが日本の近代化・西洋化を促進すること。制度や見た目を西洋化することで、ヨーロッパ諸国の一員として認めてもらおうとしました。

岩倉使節団は不平等条約の改正に失敗

岩倉使節団とは、明治4年から明治6年にかけて欧米に派遣された使節団のことです。使節団のリーダーは岩倉具視。政府関係者や留学生などすべて合わせて107名でが派遣されます。木戸孝允、大久保利通、伊藤博文など、明治期を代表する人物が含まれたことも特徴です。

この使節団の目的は、西洋の制度や慣習を実際に見て情報収集すること。もうひとつが不平等な条約を見直してほしいと、各国の元首にお願いすることでした。不平等な条約の見直しはまったくなされず、日本は自国が置かれた立場を痛感する結果となりました。

岩倉使節団はドイツの首相であるビスマルクに対して不平等条約の改善を訴えます。そのとき使節団はビスマルクに、弱い国が西洋の真似だけしても意味がないと言わました。実はこのとき、日本は西洋を真似して国際法の導入を検討中。それに対してビスマルクは、国際法を導入してもその権利は守られないと一刀両断します。日本が軍隊制度を整えてアジアに乗り出していく布石となるような言葉。その後の日本の軍事化の道を考えると複雑な気持ちになるかも。

役所や軍隊の制度を改革

岩倉使節団は、条約の見直しについては成果を上げることはできませんでした。しかし政府の中心人物たちが西洋の制度を直接に見ることで、日本の制度改革の着手を後押ししました。とくに、役所や軍隊の制度が大きく変わったことで、日本は脱江戸時代を加速させていきます。

宮内省、民部省、大蔵省、刑部省、兵部省、外務省の6省を置くことで、役所の機能を合理化しました。役所間の派閥争いが激化する、大蔵省に権力が集中する等も問題が残ります。軍事上の改革を担ったのが民部省。徴兵制度を整備し、満20歳以上の青年は兵役につくことが義務化されました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

明治時代を特徴づけるのが戦争。日清・日露戦争が勃発している。とくに日露戦争で日本が勝利したことは、軍事上の改革があったからに他ならない。明治時代を通じて日本は軍事力を強化。アジア諸国を植民地化するために、軍隊の覇権を積極的に行っていく。

近代的な経済システムが登場したのも「明治時代」

一圓金貨(原貨), 一圓銀貨
As6673 – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

江戸時代にもお金は存在していました。それらは全国共通で使えるお金ではなく、藩がそれぞれ独自に発効する「藩札」というもの。さらに旗本、寺社、宮家、地域、私人など、お金のバリエーションはかなりのものでした。そんなバラバラのお金を統一する動きがあらわれたのが明治時代です。

貨幣に関連する制度が変わる

江戸時代の後期になると幕府体制が混乱していたこともあり、藩札が大量が発行されている状況でした。そこで明治政府は、廃藩置県と同じタイミングで貨幣改革を断行。藩札回収令を出して、各藩札を新しい貨幣単位にて査定します。そして、圓、銭、厘と両替することで、藩札を回収しました。

とはいえ、新貨幣の製造が明治7年にようやく開始され、すべての藩札の両替が終わったのは明治12年。明治時代に新しい貨幣がすぐに浸透したわけではありません。しばらくのあいだは、明治政府の印が押された藩札と、新貨幣が同時に使われていました。

次のページを読む
1 2 3
Share:
hikosuke