日本史明治明治維新歴史

簡単でわかりやすい!「明治時代」とはどんな時代?江戸時代からの変化を元大学教員が詳しく解説

「明治時代」とは政府の方針により和洋折衷が進められた時期です。生活に欧米諸国の文化が浸透し、衣食住の洋風化が進んです。着物ではなく洋服を着る人も増え、西洋風の住宅も出現。それだけではない。役所、軍隊、法律、経済など、あらゆる制度の改革が断行されたのも明治時代。近代化が進むと共に混乱も多かった時代です。

「明治時代」に起こった変化は現代に大きな影響を与えているものもある。そこで「明治時代」を特徴づける現象や、それまでとの生活の変化について、日本史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していきます。

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。日本の近代化の歴史を語るとき「明治時代」を避けて通ることはできない。封建制度が崩壊し、日本人の精神的な変化も大きかった「明治時代」。この時代の制度や習慣の変化について筆者の視点を交えながら解説する。

「明治時代」は天皇中心の国家がつくられた時代

Kenpohapu-chikanobu.jpg
楊洲周延 – an original print(The contributor has this source.), パブリック・ドメイン, リンクによる

江戸時代は、京都に天皇は住んでいたものの、徳川幕府を中心に政治が行われていました。明治時代になると、天皇を中心に据えた国家体制がつくられ始めます。それにともない天皇は京都から東京に行幸。そして、明治政府はあらゆる拠点を東京に集約していきます。

名称が江戸から東京に変わる

明治時代の大きな変化は、江戸という名称がなくなり、東京に変わったこと。東京という名前は江戸時代の後期から構想されていました。江戸時代の経済学者である佐藤信淵が『混同秘策』のなかで、東京という名称を提案しています。

佐藤信淵は、江戸を東京、大阪を西教と呼ぶことを提案。京都を入れて3京体制をつくることを構想しました。そこから江戸を東京を呼ぶ案が出たとのこと。東京に政治機能が集中することで、銀座をはじめとする新しい商業発展エリアが瞬く間に発展します。

廃藩置県により中央集権国家となる

東京に機能を集中させると共に廃止されたのが「藩」。もともと江戸時代は、江戸幕府を中心に、地方では藩による分権体制が敷かれていました。明治4年から、全国にある261藩は廃止。代わりに、3府302県に変更されました。

廃藩置県により日本は中央集権の国となります。藩が廃止されるにともない、身分制度にも改革の波が。大名・公家は、西洋の貴族制度にならい、華族と位置づけられました。士農工商のうち「士」は士族とされます。そして、その他の身分は撤廃されてすべて国民となりました。

「明治時代」に政府は日本の近代化を推進

Iwakura mission.jpg
不明 (photo was made in London) – 1. From the arabic Wikipedia [1] 2. Japanese class [2], パブリック・ドメイン, リンクによる

明治政府は、ヨーロッパ諸国との外交を深めるなか、日本は対等に扱われていないことを痛感します。そこで、明治政府が取り組んだのが日本の近代化・西洋化を促進すること。制度や見た目を西洋化することで、ヨーロッパ諸国の一員として認めてもらおうとしました。

\次のページで「岩倉使節団は不平等条約の改正に失敗」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: