国語言葉の意味

簡単にしていい事ではない…「反旗を翻す」の意味や類義語などを院卒日本語教師が分かりやすく解説

学校の先生との関係というのは面倒な時がありますよね。「○○先生は××先生の味方だ!」や「あの人が△△に反旗を翻したぞ!こっちの味方だ!」など…。ところで、今回はこの「反旗を翻す」に注目してみましょう。「反旗を翻す」は言い換えれば「反逆する」という意味です。

院卒日本語教師の筆者が解説していきます。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学に再就職した、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「反旗を翻す」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「反旗を翻す(はんきをひるがえす)」という言葉、使ったことはないけど見聞きしたことならある…という人が多いのではないでしょうか。意外と使いどころのある言葉ですよ。まずは、その「反旗を翻す」の意味と使い方を確認していきましょう。

「反旗を翻す」の意味は「権威・権力などに逆らう」

最初に、「反旗を翻す」の辞書での意味を確認していきましょう。「反旗を翻す」は、国語系の辞典には次のような意味が掲載されています。

謀反(むほん)を起こす。権威・権力などに逆らう。反逆する。

出典:明鏡 ことわざ成句使い方辞典(大修館書店)「はんきをひるがえす【反旗を翻す】

「反旗を翻す(はんきをひるがえす)」は「権威・権力などに逆らう」という意味の慣用句です。ある物事や人物に対し、反対の立場を鮮明にして行動を起こすことを意味します下の立場の人間が上の立場の人間に逆らうことに対して使われる場合がほとんどですね。対等の人間同士で使用することがありますが、上の立場の人が下の立場の人に反対して行動するような場合には、「反旗を翻す」は用いられません。

「反旗(はんき)」は「謀反を起こす際に立てる旗」を意味し、「翻す(ひるがえす)」は「風に吹かれてひらひらする」という意味の他、「これまでの態度や意見が急に変わる」という意味がある言葉です。「反旗」「翻す」という2つの「裏切り」のニュアンスがある言葉を使用した表現ですね。

「反旗を翻す」の使い方を例文とともに確認!

続いて、「反旗を翻す」の使い方を確認していきましょう。「反旗を翻す」が文中に含まれた例文を3つ用意しました。どのような場面で、文脈で使用されているのか、確認していきましょう。

\次のページで「「反旗を翻す」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: