英訳英語

【英語】「空気を読む」は英語でどう表現する?「空気を読む」の使い方・事例をドラゴン桜桜木と解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「空気を読む」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「read between the lines」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC940点で、現役の翻訳者であるライターBuppeを呼んだ。一緒に「空気を読む」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

greenforest

ライター/greenforest

幼少期をインターナショナルスクールで過ごす。大学留学や海外勤務経験を経て身に着けた現地でも使える英語を分かりやすく紹介する。

「空気を読む」の意味と使い方は?

みなさんは「空気を読む」という言葉を使ったことがありますか?欧米では「空気を読む」ことよりも「言葉にして伝える」ことが大切ですので、あまり日本にいる時ほど「空気を読む」という言葉を使わないかもしれませんね。しかし英語にも「空気を読む」に近いフレーズがありますので、今回はそれらを紹介していきたいと思います。それでは、「空気を読む」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「空気を読む」の意味

英語の表現を紹介する前に、まずは「空気を読む」の日本語の意味をはっきりさせましょう。「空気を読む」には以下のような意味があります。

その場の雰囲気から状況を推察する。特に、その場で自分が何をすべきか、すべきでないかや、相手のして欲しいこと、して欲しくないことを憶測して判断する。

出典:goo辞書「空気を読む」

「空気を読む」の使い方・例文

上記のように「空気を読む」は、その場の雰囲気を察して物事を判断するという意味があることが分かりました。次に「空気を読む」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.本当は社員旅行なんて行きたくなかったが、周りの空気を読んで行くと言ってしまった。
2.疲れていたので、カラオケで歌いたくなかったが、空気を読んで1曲だけ披露した。
3.本当は周りの意見に賛成できなかったが、空気を読んで自分も賛成していることにしてしまった。

次のページを読む
1 2 3
Share:
greenforest