国語言葉の意味

【四字熟語】「意気投合」の意味や使い方は?例文や類語を本の虫ライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「意気投合」について解説する。

端的に言えば意気投合の意味は「気持ちが一致する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

年間60冊以上本を読み込んでいるヤマゾーを呼んだ。一緒に「意気投合」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヤマゾー

ビジネス本を中心に毎年60冊読破。本を通じて心に響く生きた日本語を学ぶ。誰にでも分かりやすい説明で四字熟語を解説していく。

「意気投合」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「意気投合」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「意気投合」の意味は?

「意気投合」には、次のような意味があります。

互いの気持ちがぴったりと合うこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「意気投合」

初対面であるにも関わらず、驚くほど話が合った経験があるならば、「意気投合」は想像しやすいのではないでしょうか。「意気(いき)」は、物事をやり遂げようとする積極的な気持ち。「投合(とうごう)」は、互いの気持ちがぴったり合うという意味になります。「ぴったり」と表現するほどなので、丁寧に言葉で説明せずとも、相手と全く同じ気持ちを共有できた様子が目に浮かびますね。

似たような意味で「気が合う」がありますが、「意気投合」とは少しニュアンスが違います。「気が合う」は、考え方や感じ方が通じ合う状態。たとえば、同じ映画をみて感想が一致した時に「気が合う」といえますね。対して「意気投合」は、お互いに気持ちが打ち解けて会話が弾み、相手と仲良くなれた場合に使われることが多いです。そのため、順序としては「気が合って」から「意気投合」する流れが自然といえるでしょう。

「意気投合」の使い方・例文

「意気投合」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: