アメリカの歴史世界史歴史独立後

ハリウッド俳優だった大統領「ロナルド・レーガン」その生涯・政治家活動を元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。第40代アメリカ大統領だった「ロナルド・レーガン」。映画俳優からカリフォルニア州知事になり、合衆国大統領となった人物だ。2001年に米海軍の洋上被曝の空母のひとつが「ロナルド・レーガン」と名付けられるなど、今日でもアメリカを代表する政治家のひとりだ。

日本との安全保障条約を強固にするため米軍基地の誘致も積極的に行った。そんなレーガンの政治活動や疑惑、いまの評価などを世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。世界史を語るときロナルド・レーガンを避けて通ることはできない。レーガン元大統領は、ソ連や共産主義を脅威と見なして軍隊の配備に力を入れた。実際、彼の在任中は世界史的にも重要な出来事が多発している。そこでレーガンンに関連する政策とその後の評価を、写真と共にまとめてみた。

イリノイ州にて生まれた「ロナルド・レーガン」

Ronald Reagan Boyhood Home (8030104930).jpg
By Teemu008 from Palatine, Illinois – Ronald Reagan Boyhood Home Uploaded by AlbertHerring, CC BY-SA 2.0, Link

ロナルド・レーガンは69歳という年齢ではじめてアメリカ大統領に選ばれた人物です。そんなレーガンが生まれたのは1911年、アメリカのイリノイ州でした。父親はジョン・レーガン。母親はネル・ウィルソンで、次男として生まれました。

信仰心が強い両親のもとに生まれる

ロナルド・レーガンの両親は二人とも信心深い性格でした。父親はアイルランド系だったためカトリックの信者。一方、母親はスコットランド系で、プロテスタントの主流派であるディサイプル教会に所属していました。

レーガンは11歳で母親と同じプロテスタントの洗礼を受けます。兄は父親と同じカトリックを選んだとのこと。父親と母親は、宗教だけではなく、お酒に対する対応も正反対でした。母親はお酒を飲まない禁酒派、一方、父親はアルコール依存症の傾向があったそうです。

ラジオアナウンサーとして巧みな話術を披露

レーガンは幼少期から話術に長けていました。その才能を活かして彼が選んだ最初の職業がラジオのアナウンサー。イリノイ州のシカゴに拠点がある大リーグチームであるシカゴ・カブスの専属アナウンサーとなり、頭角をあらわします。

臨機応変に対処する力も相当なものだったようです。1934年、カブスが9回の攻撃をしているとき、なんと放送回線が故障。そのあいだ、実況放送を即興で何事もなかったように行ったことは、伝説となっています。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

レーガンのスピーチ力は、幼少期に通った教会で発揮されていた。レーガンは教会に熱心に通い、信徒を前にして自ら説教を行っていたそうだ。そのときの経験は、彼が政治の世界に足を踏み入れてからも発揮されていく。

ハリウッド映画俳優としての「ロナルド・レーガン」

ロナルド・レーガンは政界入りする前にハリウッド俳優として活躍していたことは有名な話。前カリフォルニア知事のシュワルツェネッガーの大先輩ということになります。西部劇を中心に古典的名作として知られる作品にも登場しました。

有名作品の撮影にも参加

レーガンは1937年にワーナーブラザースと契約し。2枚目俳優としてキャリアをスタートさせます。『風と共に去りぬ』のオーディションにも参加。『カンサス騎兵隊』や『決闘の町』など古典的名作にも名を連ねます。

同時にレーガンは俳優組合にも参加し、政治的発言を積極的に行いました。そのため俳優としてのキャリアは、最初に期待されたほどのものになりません。第二次世界大戦後になると映画における活躍は影を潜めます。

俳優後期はテレビ出演で話題に

そこで次にレーガンが活路を見出したのがテレビ。巧みな話術を活かしてテレビショーの司会やCMで活躍します。レーガンの愛嬌あるキャラクターが受けて、アメリカのお茶の間の人気者になりました。

レーガンが政治の世界に身を移してからも、お茶の間における知名度が支持率を支えます。歴代大統領のなかでも安定した支持率を維持し続け、いろいろありながらも2期を務めあげました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke