国語言葉の意味

【四字熟語】「隠忍自重」の意味や使い方は?例文や類語などを現役塾講師が解説!

「隠忍自重」の使い方・例文

「隠忍自重」の使い方を例文を使って見ていきましょう。意味合いの確認と同時に、文法的に二種類の使い方を見ていくので違いもチェックしていきますよ。

ID: ↑パーツ内本文:71文字

1.健太は困難な状況だが、あとで後悔しないためにも我慢を重ねて隠忍自重の日々を送るべきだ。
2.隠忍自重することで、軽率な行動を控え慎重さを身につける機会になる。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

例文の1.では「隠忍自重」を推奨する内容になっており、2.では「隠忍自重する」ことで身につく能力について説明をしています。いずれも、「隠忍自重」をよい意味でとらえており、自分のために身につけるべきものとされていますね。

使い方としては、1.は名詞として使われています。一方、2.は「する」を付け加えて動詞化した表現となっており、比較的よく使われる表現方法です。

ID: ↑パーツ内本文:181文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ここまで、「隠忍自重」の意味や語源、使い方について解説してきた。「隠忍自重」は戒めとしての意味もあるだけに、やや上から言うイメージもあるが、本来の意味は「自分のためである」ということも含まれていることがポイントだ。

ID: ↑パーツ内本文:107文字

「隠忍自重」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

それでは、「隠忍自重」の類義語についての説明です。意味合いはよく似ていますが、表現する漢字やニュアンスの違いはあるので、詳しく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:72文字

「臥薪嘗胆」

「隠忍自重」の類義語には、「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」があります。意味は、「目的を達成するために苦労を耐え忍ぶこと」です。「臥薪」は固い薪の上で寝ること、「嘗胆」は苦い肝をなめることを表しており、労苦を重ねて機が熟すのを待つというニュアンスがあります。

基本的には「臥薪嘗胆の…」など名詞として使用しますが、「臥薪嘗胆する」など動詞化して使うこともできますよ。

ID: ↑パーツ内本文:190文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yamato810