英訳英語

【英語】「ボールペン」は英語でどう表現する?「ボールペン」の英訳や使い方を詳しく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「ボールペン」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「ballpoint pen」だが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

TOEIC810点で、留学経験があるライターMoeを呼んだ。一緒に「ボールペン」の英訳や使い方を見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

Moe

ライター/Moe

英語力ゼロからTOEICスコア810点を取得し留学を経験。その経験から、実践で使えそうな例文を考えることを得意とする。

「ボールペン」の意味と使い方は?

それでは、「ボールペン」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「ボールペン」の意味

「ボールペン」は1884年にアメリカで発明されました。しかし、当時のボールペンはインク漏れの問題を克服できず、実用化には至らなかったのです。

その後、ハンガリーのラディスラオ・ピロが、現在のボールペンの原形となるアイディアを思いつきました。彼は新聞に使われているインクが、速乾性でにじみにくいことに気が付きます。

そこで、粘り気の強いインクを入れて、ボールを転がしたときにインクが出てくる仕組みを開発したのです。

「ボールペン」は、辞書では次のような意味があります。

1.《ball-point penから》軸の円錐形になっている先端に小さなボールがはめ込んであるペン。書くときこのボールが回転して、軸内から特殊インクが出て筆記される。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

「ボールペン」の使い方・例文

次に「ボールペン」の使い方を例文を使って見ていきましょう。説明するまでもないかもしれないですが、この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.履歴書にはボールペンで書かなければならない。

2.ボールペン貸してくれない?

次のページを読む
1 2 3
Share:
Moe