ドイツナチスドイツヨーロッパの歴史世界史歴史

ドイツの独裁者「ヒトラー」の功罪とは?知られざる才能などを元大学教員が解説

よぉ、桜木建二だ。第二次世界大戦期のドイツで独裁政治を展開したナチスの指導者「ヒトラー」。アーリア民族至上主義者であり、ユダヤ人の虐殺を行ったことでも知られている。暴君のイメージも強いヒトラーだが、大衆心理を巧みに操る魅力的な芸術作品のプロデュースにもたけていた。女性写真家に製作させたオリンピックのドキュメンタリー映画は歴史的にも価値が高い。

それじゃ、「ヒトラー」に関連する歴史的出来事や彼の功罪について、世界史に詳しいライターひこすけと一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

hikosuke

ライター/ひこすけ

文化系の授業を担当していた元大学教員。専門はアメリカ史・文化史。世界史を語るときヒトラーを避けて通ることはできない。ヒトラーは、今日でも残忍な政策をしたことで有名な人物だが、彼が生きた時代は世界史的にも重要な出来事が多発している。そこでヒトラーが関係した政策とその後の評価を、筆者の視点をまじえてまとめてみた。

アドルフ・ヒトラーとは?

Hitler at school 1899.jpg
不明 – Published in Hitler, Ian Kershaw, Penguin Books / Flammarion 2008., パブリック・ドメイン, リンクによる

アドルフ・ヒトラーは、ドイツの政治家であり、国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者。また、世界を第二次世界大戦に向かわせたこと、ユダヤ人を虐殺するホロコーストで世界を震撼させたことでも知られています。民主主義を危機にさらす独裁者としてのイメージも強いでしょう。

ルーツがよく分からないヒトラー

ヒトラーは自分の生い立ちを語るとき、しばしばよく分からないと言っていました。なぜならヒトラーの父親は私生児として生まれ、誰が父親なのかはっきりしないからです。ヒトラーの父親は、生活が安定している母親の親戚の養子となり、ここからヒトラーという苗字が使われるように。そのためヒトラーは一族意識がまったくなく、あるのは民族意識のみだったと言われています。

オーストラリアでヒトラーは誕生

アドルフ・ヒトラーが誕生したのはオーストリア。ヒトラーが3歳のときに家族はドイツに引っ越しました。ヒトラー家は家業が上手くいかず、ドイツ国内を転々とします。ヒトラーは母親とは仲が良かったのですが父親とは不仲。父親はオーストリアのハプスブルク家の熱狂的な支持者であり、それと対立する大ドイツ主義を嫌っていました。それがヒトラーの政治思想の形成に関わったとも考えられます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ヒトラーの幼少期は感情面でも安定しないものだった。自分のルーツが分からず、何者なのか分からない。その反動として民族意識を高めていったのだろう。ヒトラーが信じされるのはドイツという国家だけだったんだ。

芸術に興味を深める青年ヒトラー

Akademie der bildenden Kuenste DSC 2400w.jpg
By Peter Haas, CC BY-SA 3.0, Link

若いころのヒトラーは政治家ではなく芸術家になりたいという夢を持っていました。ヒトラーは小学校の勉強について行けず、教師と対立するたびに暴れるなど、かなりの問題児。なんとか小学校は卒業するものの実技学校は退学。画家になることを志します。

芸術への興味からウィーンに渡る

ヒトラーが画家になるために渡ったのがオーストリアの芸術の都であるウィーンです。ウィーン美術アカデミーを受験しますが不合格。成績が十分でなく、さらに課題提出にも不備があったようです。人物デッサンが嫌いなことから建築家を目指した方がいいと言われますが、実技学校を卒業していないと、目指すこと自体が無理でした。ヒトラーは建築家にも興味がありましたが、あきらめざるを得ませんでした。

画家としての才能は乏しかったヒトラー

実際、ヒトラーの画家としての才能はどうだったのでしょうか。緻密な再現は得意なものの、作品は模写にとどまり、個性がなかったようです。そのため個性的な芸術表現を追求するダダイズムやキュビズムをひどく嫌悪。独裁者となってからは、それらの芸術運動を弾圧します。ヒトラーは画家の道を模索し続けますがアカデミーに合格することはなく、その道は絶たれました。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

実はこの時期にヒトラーは最愛の母親を亡くしている。母親は、わが道を行くヒトラーを最後まで心配していたそうだ。母親が亡くなったとき、ヒトラーはかなりのショックを受けて泣き崩れた。ヒトラーは回想で「自分が最後に泣いたのは母親の死のときだった」と述べている。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
hikosuke