この記事では「快刀乱麻」について解説する。

端的に言えば「快刀乱麻」の意味は「こじれた物事を非常にあざやかに処理し解決すること。」ですが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んです。一緒に「快刀乱麻」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「快刀乱麻」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「快刀乱麻」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をただ覚えることではなく、元になった故事や経緯を把握することが重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「快刀乱麻」の意味は?

「快刀乱麻」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

かいとうらんま

こじれた物事を非常にあざやかに処理し解決すること。鋭利な刃物で、もつれた麻糸を断ち切るように物事を処理する意から。▽「快刀、乱麻を断つ」の略。「快刀」は鋭利な刃物。「乱麻」はもつれた麻のこと。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『北斉書(ほくせいしょ)』文宣帝紀(ぶんせんていき)との記載があります。

北斉という国を建て、初代皇帝となった文宣帝の幼少期のエピソードが基になっていることがわかるのです。

それでは今から1500年前。優秀だけど残酷だった皇帝のお話です。

「快刀乱麻」の語源は?

image by iStockphoto

文宣帝(ぶんせんてい)は北斉という王朝の初代皇帝です。子どものころは内気で無口、不細工であまり顧みられることはなかったとのこと。さらに漢民族ではないという生まれを自分でもよく思っていないというコンプレックスの塊のような人物です。
そんなある日、彼の父親が子供たちの才能を確かめるために、ぐちゃぐちゃに絡まった麻の糸を渡し、これをほどいてみろと言います。他の兄弟はほどけなかったのですが、彼はこれを刀で切ってしまうのです。そして「乱れたものは斬らねばなりません」と答え、父ははそれを見て才能を認めることになります。この故事から「快刀乱麻」ということばがうまれました。

\次のページで「「快刀乱麻」の使い方・例文」を解説!/

「快刀乱麻」の使い方・例文

「快刀乱麻」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

彼の政治手腕はまさに快刀乱麻というのにふさわしいものだった。

しっかりと状況判断をし、バッサリと物事を片付けていくそんな印象が伝わってきます。

「快刀乱麻」の類義語は?違いは?

では、類義語を見てみましょう。芸能界のご意見番の一言、などでよく使われる言葉です。

「一刀両断」

いっとう-りょうだん
物事を思い切って処理するたとえ。また、物事をためらわずにきっぱり決断するたとえ。一刀のもとに物を真っ二つに断ち切る意から。▽「一刀」はひとたび太刀を振り下ろす意。

快刀乱麻よりも目にする機会がが多いのではないでしょうか。こちらのほうがそのままの表現なのでわかりやすく、使われやすいのかもしれません。

\次のページで「「快刀乱麻」の英訳は?」を解説!/

「快刀乱麻」の英訳は?

image by iStockphoto

ほとんど同じエピソードが文宣帝からさかのぼること500年前のギリシア、アレキサンドロス大王にもあります。それがそのまま英語表現になったものです。

「Gordian Knot」

ゴルディアスの結び目。

デルポイという予言で有名で非常に信仰を集めた神殿に『この結び目を解いたものはアジアの王になる』と伝えられていました。誰も解けなかったのですが、アレキサンダー大王が現れるとそれを断ち切ったのです。その後どうなったかはご存知の通りでしょう。
両者とも若くして王となり、非常に有能ではあったのものの、たくさんの人を殺し、若くしてこの世を去っています。こうしたエピソードはそうした鮮烈な生き方をした人物を語る際に後の人が物語るものなのかもしれません。もちろん、アレキサンダー大王の物語は東洋にも伝わってますので、純粋に「パクリ」である可能性も十分にありますが。父親に渡されるよりも神殿においてあった方が伝説っぽくて純粋にカッコいいな、と思ったりもします。

文宣帝は若くして国を建て初代皇帝となるほどの有能な人物だったのですが、とても人格者と呼ばれるような性格はしていません。遊びで人を殺したようなエピソードや、奥さんの浮気を疑って浮気相手と思われる人物と奥さんを拷問の末殺害し、その骨で琵琶を作ったというエピソードも。また自身が漢民族ではないことからの漢民族への妬みも凄まじく、漢民族への虐殺を行っています。最期は酒におぼれてボロボロな生活がたたり、34歳の若さで死去。恵まれない少年時代を過ごした後の華麗な出世譚はあるのですが、それを覆い隠すほどの残酷な物語が語られる人物です。優秀ではあるものの、人の痛みがわからない、今でいうサイコパスのような特徴がある人物であるといえるでしょう。

何事にもごちゃごちゃからめとられてしまうのは確かに問題なのかもしれませんが、反面思い切りが良すぎるのもひょっとしたらよくないのかもしれません。本来の意味とはそれますが、エピソードからは何事もほどほどがよいという風な教訓も得られますね。

「快刀乱麻」を使いこなそう

快刀乱麻を解説させていただきましたがいかがだったでしょうか。由来は文宣帝のその後のエピソードやパクリ疑惑も含め、ちょっとアレなところはあるのですが、スパッとしていて清々しさもある言葉です。仕事やトラブルを快刀乱麻で片付けたいものですね。実際、抱え込むことよりもその問題解決はそもそも必要なのか、あるいはもっと簡単なやり方はないかを考えることは物事の生産性を向上させるのに非常に有意義です。
あなたも何か問題にぶち当たったときに、無理に結び目をほどこうとするのではなく、断ち切る手段はないのかを考えてみてください。筆者自身もこれやらなくてもいいんじゃないですか?と理由を含めて提案するだけで、やらなくてよくなった仕事もあります。何日かかってもできなかったことが、実はほんの一瞬の決断で解決する。そんなことも結構あったりするのですから。

" /> 【四字熟語】「快刀乱麻」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【四字熟語】「快刀乱麻」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアがわかりやすく解説!

この記事では「快刀乱麻」について解説する。

端的に言えば「快刀乱麻」の意味は「こじれた物事を非常にあざやかに処理し解決すること。」ですが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んです。一緒に「快刀乱麻」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「快刀乱麻」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「快刀乱麻」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をただ覚えることではなく、元になった故事や経緯を把握することが重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「快刀乱麻」の意味は?

「快刀乱麻」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

かいとうらんま

こじれた物事を非常にあざやかに処理し解決すること。鋭利な刃物で、もつれた麻糸を断ち切るように物事を処理する意から。▽「快刀、乱麻を断つ」の略。「快刀」は鋭利な刃物。「乱麻」はもつれた麻のこと。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『北斉書(ほくせいしょ)』文宣帝紀(ぶんせんていき)との記載があります。

北斉という国を建て、初代皇帝となった文宣帝の幼少期のエピソードが基になっていることがわかるのです。

それでは今から1500年前。優秀だけど残酷だった皇帝のお話です。

「快刀乱麻」の語源は?

image by iStockphoto

文宣帝(ぶんせんてい)は北斉という王朝の初代皇帝です。子どものころは内気で無口、不細工であまり顧みられることはなかったとのこと。さらに漢民族ではないという生まれを自分でもよく思っていないというコンプレックスの塊のような人物です。
そんなある日、彼の父親が子供たちの才能を確かめるために、ぐちゃぐちゃに絡まった麻の糸を渡し、これをほどいてみろと言います。他の兄弟はほどけなかったのですが、彼はこれを刀で切ってしまうのです。そして「乱れたものは斬らねばなりません」と答え、父ははそれを見て才能を認めることになります。この故事から「快刀乱麻」ということばがうまれました。

\次のページで「「快刀乱麻」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: