国語言葉の意味

【四字熟語】「君子豹変」の意味や使い方は?例文や類語も含めてセンター国語190点オーバーの古典・歴史マニアが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「君子豹変」について解説する。

端的に言えば「君子豹変」の意味は「主張や態度が急にがらりと変わること」だが、四字熟語の多くは古典が基になっている。それを抜きに意味を覚えたところですぐに記憶から抜け落ちてしまう。元の話やドラマを理解しておくと、忘れないし、本当の意味で言葉を使うことができるぞ。

センター国語190点オーバーの古典・歴史マニアのライター タケダ タケシを呼んだ。一緒に「君子豹変」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

takeda

ライター/タケダ タケシ

年間200冊を超える本を読み、センター試験国語では190点オーバーの無類の国語好き。同時に歴史・古典のオタクでもある。熱い語り口が特徴。満点に届かなかった理由は漢字の「書き」ができなかった模様。なお、数学の失敗で国立大にも受からなかったらしい。反面教師にしてくださいとは本人の弁。

「君子豹変」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「君子豹変」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。
桜木先生もおっしゃっていましたが、意味をただ覚えることではなく、元になった故事や経緯を把握することが重要です。意味をサラッと流してもらい、語源に注目してみてください。言葉の持つ歴史や、本当の面白さ、豊かさがわかります。

「君子豹変」の意味は?

「君子豹変」を辞書で引くと、次のような意味が出てきます。言葉を学ぶときは辞典・辞書は極めて有用です。
アナログ・デジタル・ネットどんな辞書でも構いません。こまめに辞書を引くクセをつけてください。
意味はさらっと、と言っていたのに辞書?と思われるかもしれませんが、辞書を引いてわかるものは意味だけではないのです。

ちなみに筆者はネットで調べる場合「コトバンク」と「goo辞典」を使用してます。

くんし-ひょうへん
君子が過ちを改めて善に移るのは、ひょうの皮のまだら模様のように非常にはっきりしているということ。転じて、現在では主張や態度が急にがらりと変わることをいう。また、その無節操ぶりを非難する語。▽「君子」は教養や徳の高い立派な人。人格者。「豹変」は季節によってひょうのまだら模様が美しくなることから、主張や態度などが急に変わること。

出典:三省堂 新明解四字熟語辞典

辞書を引くと意味のほかに出典や用例を見ることができます。

先ほどからお話させていただいているように、大事なのはドラマ!であり文化!なので「意味」だけではなく「出典」とか書かれている箇所が非常に重要です。上記の辞書を確認すると出典:『易経(えききょう)』革(かく)との記載があります。

易経は中国最古の占いの本。占いが政治の中で重大な意味を持っていた時代にまとめられたこの本にこの言葉の起源があることがわかるのです。

それでは今から3000年以上前。伝説と歴史の間にある、名君のお話です。

「君子豹変」の語源は?

image by iStockphoto

占いと言っても重要性は今とまるで違います。科学も未発達の時代、はやり病も洪水も、日照りも作物の不作もみーんな王が天の意思に背いたからということになるのです。そのなかで易は天の意思を受け取るための手段。だからこそ占いは国の運営方法を決める一大事です。そのため、易経は官学つまりは国公認の学問であり、自然への考え方や哲学が多分に含まれています。その中には君子(立派な人≒為政者)のあるべき姿が描かれており、代表的な一文がこれ。

「君子(くんし)は豹変(ひょうへん)す、小人(しょうじん)は面(おもて)を革(あらた)む」

考えが間違っていたらそれを変えることを恐れてはいけないという意味合いでとらえるのがいいでしょう。逆に小人つまりはつまらない人間は上っ面だけをかえる。もちろん、その前提として態度や方針がコロコロかわるのは困るというのはあります。それでも大事なことはちゃんと改めていくことが求められるわけです。


前述の通り、易経は重要な学問とされていたので、実際どの程度これができた王様や皇帝がいたのかはわかりませんが、少なくともこうあるべきだとは数千年の間、常に意識され続けてきたのでしょう。

次のページを読む
1 2 3
Share:
takeda