現代社会

東大入試が中止にもなった「東大紛争」を平成生まれのライターが客観的にわかりやすく解説

今回は受験生にとってはかなりショッキングな出来事を紹介しよう。「東大紛争」です。東大を目指す受験生諸君、もし入試が中止になったらどうする?関東の有名私立にするか、京大を受けるか。そもそも東大の志願者が半端なく多く彼らが他の大学を受験したら?こうなると影響は東大志願者だけじゃなくなり、特に京大など受験偏差値高めの大学はめちゃくちゃ狭き門と化す。冗談じゃない。

1969年、実際にこの「冗談じゃない」状況が起きていた。平成生まれのライターR175と客観的に見ていこう。

ライター/R175

学生時代、個人的に昭和史に興味があり図書館やネットで知識を得ていた。理系学部に属しながら、社会科学系図書館に通っていた。

1.学生運動と東大の混乱

image by PIXTA / 19334582

1960年代後半、日本中の大学に「学生運動」が広まっていました。授業料値上げ反対したり、大学の諸制度を変えるよう要求したり動機は様々。デモ行進をしたり、キャンパス内を占拠したり。ストライキにより授業がまともに行えない等大学の運営に支障が来たすケースもありました。

東京大学でも混乱が起きており、なんと1969年は入学試験が中止になってしまいました。受験生にとっては大変ショッキングなニュース。一体どんな背景でこういった学生運動が広がっていったのか?そして、こと東京大学ではどういう理由で入学試験中止になるような事態が起きていたか。そしてその後どうなっていったか。順をおってみていきましょう。

2.学生運動が広がった背景

東大紛争の要因となった「学生運動」ですが、そもそもその「学生運動」はどういう背景で広まったのか見ていきましょう。

安保闘争~安保条約の改定を阻止~

image by PIXTA / 30698789

60年代後半に盛んになった「学生運動」の要因は「安保闘争」と言えるでしょう。安保闘争とは、日本とアメリカが結んでいる「日米安全保障条約」の改定を阻止しようとして行われた運動。連日国会周辺で数十万人がデモに参加するなど、猛反発。なぜ、そこまでして条約改定を阻止しようとしたのだろうか。

平和の維持

1960年に行われた日米安保条約の主な改定内容のうち、問題になったのが「日米共同防衛の明文化」です。在日米軍が攻撃を受けた時には日本の自衛隊も協力して戦わなければならないという内容。これに対し、「アメリカの戦争に日本も巻き込まれる」という解釈がされ大きな反発を生みました。第二次世界大戦から日が浅く、「戦争」に対する拒否感が強かったのです。

安保改定の強行採決

image by PIXTA / 6613828

アメリカの戦争に巻き込まれる恐れのある内容に改定したくないということで、大きな反発を生んでいました。しかし当時、条約改定の承認を急ぎたいという背景があったため、反対する議員が居たにも関わらず強行採決してします。

その後の情勢

安保改定を強行採決にて承認してしまうという手法がさらなる反発を招き、反対運動が激しくなりました。反対運動の矛先は「安保改定の阻止」に加え、「内閣の倒閣」という面もありました。当時の首相岸信介は、戦前の東條内閣の閣僚でありA級戦犯でもあります。第二次世界大戦に対して何らかの過失がある人が率いているということで、内閣そのものにも不満が持たれていました。

強行採決された条約承認が成立する頃には、国会周辺のデモ参加者は数十万人規模に膨れ上がり、ついには死者まで出てしまいます。こういった一連の混乱の責任を取り、首相は退任、内閣も総辞職となりました。

ずばり、反対運動のきっかけ

連日のデモが大成して、安保改定の阻止こそ叶わなかったものの「内閣の退陣」には成功しました。このことから、「自分たちの運動で政治を変えられる」という風潮になり反体制運動が広がるきっかけとなりました。

\次のページで「3.学生運動の広がり」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: